12月 212011
 
この記事の所要時間: 253

あくまでヒント

VITAと同時購入して仮想キャバクラやら麻雀やらゴルフにうつつを抜かしつつチマチマプレイしていた、「真かまいたちの夜」の最初のシナリオであるミステリー編をようやく自力クリアできた。
今回は開発も認める難しさらしい(というかシステム的な意味でめんどくさい)ので、難しくて解けない!でも攻略は見たくない!という人のためにヒントを書いてみようと思う。
以下はミステリー編をバッドエンドで良いので一度最後まで見た人向けの内容なのでネタバレ注意。まぁあくまでヒントなので犯人の特定まではできないとは思うが。


システム的なわかりにくさ

まず最初にこれを書かなければなるまい。
本作にはフローチャートシステムがあり、一度読んだシナリオをフローから読み直すことができる。ただコイツが曲者でフローの分岐を全て埋めれば真相に辿りつける、というものでは決してない。フローで選択肢を変えることで、それ以降に既に選択したことがあった選択肢の先の展開が変わることがあるのだ。それには再度、既に選択したことのある選択肢を選びある程度読み進めなければならない。
よくわからなかったらフローのジャンプ機能を使わずに選択肢を変えながらオートプレイ放置すると良いかも。


ヒント

  1. バッドエンド終盤の推理でも出てくるように赤城の死体の移動?についての謎が最重要。
    赤城の死体発見直後辺りの選択肢が重要。
  2. 最重要人物は雪乃、色々不審な点が多いはず。
  3. 当然犯行が行われた風呂も重要。
  4. ミステリー編クリアまでには特殊な選択肢は登場しない。

まとめ

諦めずに重要と思われる選択肢を選びながら色々試行錯誤すればいずれクリアできるはず。
是非頑張ってみてほしい。

12月 182011
 
この記事の所要時間: 258

別に画期的でもなんでもない方法なので期待しないこと。


VITAのSS

ゲームブロガーには嬉しい仕様

というわけで昨日に引き続きVITAを弄っていたのだが、前回でも紹介した無料アプリの「みんなといっしょ」の説明書を読んでいたらPSボタンとSTARTボタンの同時押しでスクリーンショットが撮れる事が書いてあった。試しに撮影した画像をTwitterアプリでUPしたりしてたのだが、ふとTiwtterアプリで同様の操作を行ったら撮影できてしまった。
もしやと思いロンチタイトルのうちの一本である「かまいたちの夜」を起動して同様の操作を行ったらちゃんと撮影できたwwwしかも撮影された画像は、月別&ゲームやアプリのタイトル毎に自動でフォルダ分けして格納される親切機能付きだった。


外部出力

せっかくスクリーンショットが撮れるのならそれを外部出力してみたいというのは誰もが思うところだろう。
ちなみに前述のTwitterアプリからのUPではTwitter公式アップローダを使うためか、かなり圧縮されてしまうので画質はイマイチ。
お手軽なのはVITAで何かメールを送るような機能でもあれば良いのだが、見たところそういったものも見当たらない。グループチャットで送信できるけどPSNユーザ同士でやりとりするものだし…。
というわけでブラウザ経由でflickrにアップロードできるか試してみた。


ブラウザからflickrにアクセスしてログインする、ブラウザから自動ログイン?するチェックを付けるとポップアップウィンドウが開く。これがどうもブラウザ側の処理の仕方が悪い?ようで上手く表示できない。表示されたコードを入力欄に入れるだけなのだが、コードを見ながら入力というのができなかったので先にコードをメモって入力欄に間違えないように入力してEnterを押下すると良い。


flikerにログインできたらいよいよ画像のアップロード。
サイトの上部のメニューからUPLOADをタップすると以下の画面が表示されるのだが、どうもFlashを使っているらしくこの画面からは直接UPできないっぽい。そこで注目して欲しいのがサイトの下にあるリンク「basic uploader」。どうやらこちらはFlashを使わないようなのでこのリンクをタップする。
2011-12-18-121140


そうすると以下のような画面が出るため、あとは画像を選択してUPするだけ。UPLOADボタンを押下すると「しばらくお待ちください」というメッセージの後にブラウザ表示が乱れて表示されるが、一応正常にUPされているらしい。
あとはflickrのトップページをブックマーク登録しておけば比較的楽にスクリーンショットをUPできる。
2011-12-18-121224


そんな感じでUPしてみたのが以下の「かまいたちの夜」の画像、まぁ本編前なのだがOP画面なども撮れたので本編中でも撮影できると思う。
真かまいたちの夜 11人目の訪問者


まとめ

各種フォトストレージサービスの運営元がVITA対応アプリを出してくれるまでの繋ぎだが、ひとまず外部出力出来ることは素直に嬉しかった。
PSPでも一部スクリーンショットを撮れるタイトルがあったが、恐らくVITAではファームウェアレベルでスクリーンショットに対応してくれたためゲームブロガーにとっては嬉しい仕様だ。SS撮影後にPSボタンで一時的にゲームを中断して、フォトアプリから撮影の出来を確認できるのも便利だ。
今後VITAの大きな魅力の一つになっていく事だろう。