12月 012010
 
この記事の所要時間: 350


最初言っとくと、日記とか書きつつ隔日ですw
自分でメモ取りながらプレイした方が覚えられるんで、今のところWikiは見てないです。
モンハン自体はWiki見ても楽しめるから、どうしても詰まったら見るかも。
あと自分はモンハンの腕前はサッパリなので、記事に過度な期待しないでねw


■基本は重要
久しぶりのポータブル新作ということで、大型モンスター狩りてェェェェ!という逸る気持ちは分かるが何事も基本は大事だ。
初心者にはモンハンを学ぶ目的で、経験者には訓練所コンプ&序盤の資金・ハチミツなどのアイテム集めのために是非訓練所の初期講習を受けてもらいたい。

1000001191


ちなみに講習は全10個とちょっと多いんだけど、クリアする頃にはお金(5000zくらい)やアイテムもそこそこ貯まっていると思う。
なお武器演習は開始後すぐにチケットを納品してもちゃんとクリア扱いになる。


訓練所の厳しいシゴキが終わったらいよいよ大型モンスター狩り!!!と行きたいところだが、狩りに際しての準備を怠ってはいけない。
初期防具でも良いが、武具屋にそれなりに役に立つ防具があるのでそちらを買ってみよう。
初期講習が終わっていれば十分な資金があるはずだ。


個人的にオススメなのが以下の2セット。
レザー装備、高速で剥ぎ取り・採取が可能、採取できる数が増える、ピッケル・虫あみが壊れにくいと、シリーズ定番のお役立ち装備だ。
序盤は特に採取目的のみでクエをやる機会が多いので、最初から揃えておくと役立つだろう。
1000001181


もうひとつはチェーン装備+ガーヴァフェイク。
オールチェーン装備だと調合成功率+20%止まりだが、渓流に生息するガーヴァが落とす『丸鶏の羽』から作れるガーヴァフェイクを組み合わせると調合成功率スキル最大の45%まで上げられる。
スキルはクエに出ていないときでも有効なので、調合したいときだけこの装備に変えれば序盤から様々な調合を素材の無駄なく行うことができる。
正直クエ中に調合が必要な場面はまだまだ先で、その頃には調合書を購入する余裕もあると思うので序盤はこれで十分だろう。
1000001194


というわけで上記レザー装備をメインにしながら狩りに勤しむ、とは言っても最初は採取クエしか無いのだがw
ちなみにモンハンにおいて無駄なアイテムというのはほとんど存在しない。
武具の材料や調合の材料になるものばかりなので、採取クエでは配達屋も使い色々と採取しておくといいだろう。
精算アイテムは換金はもちろん、農場の拡張などに使えるユクモポイントを貯めるためにも重要なのでこまめに集めておくと後々楽だろう。
1000001192


ちなみに農場についてこれまたシリーズ定番なのだが、物売りから買ったり採取で手に入る『怪力の種』を植えて『モンスターのフン』や『竜のフン』で畑レベルをマックスまで上げると良い小金稼ぎになる。
畝1つにつき1000z以上で序盤から畝を3つにまで拡張できる、まぁ中盤頃にはフンをいちいち集めるより大型モンスターを狩猟した方が稼げる様になるがそれまでの繋ぎには良いだろう。
1000001190


■双剣について
やっと双剣について書ける…。
MH3でリストラされ、今回めでたく復活を遂げた双剣だが鬼人強化や鬼人回避など変更点が幾つかある。
特に個人的には鬼人回避の使い方が重要だと思う、双剣といえばガードが無く攻撃一辺倒なスタイルだったが回避のおかげでだいぶバランスが良くなるのではないだろうか。
ただ鬼人化や回避はスタミナの使い方が肝になるので、乱舞厨ではなく本当に双剣を使いたいという場合には以前よりもテクニカルな武器になっていると思う。
まぁまだそんなに触ってないのでわかんないけどw


薀蓄は置いといて、とりあえず自分がメインで使う双剣を作ってみた。
鉱石素材のツインダガーだ、他の双剣に比べて切れ味が良いのが特徴。
また水没林まで行けば、すぐにもう一段階強化できる。

1000001193


で、そんな愛剣ツインダガーたんで試し切りをしてきたw
獲物は、なんか村長にロイヤルハニーを取っていって言われたので渓流に行ってみたら遭遇した熊さんw

1000001189


さすがに未強化レザー装備だと防御力が6しかないため、食らうと痛いが基本右後ろ足に付いていればそれほど被弾はしないと思う。
ちなみに前脚だかが壊れるみたい。


基本ゆっくりペースなんでまだ★2辺りだけど、また更新することが書こうと思う。

  One Response to “MHP3双剣日記 その1『狩猟解禁ッッ!!!』”

  1. Blog更新!:MHP3双剣日記 その1『狩猟解禁ッッ!!!』 – http://bit.ly/feDzW0

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*