4月 182014
 
この記事の所要時間: 336

どうも、久しぶりに据え置き機のタイトルを満喫した@kuronamaです。

ダークソウル2

先月の3月13日に発売されたダークソウル2を一ヶ月以上かかってようやくクリアした。
かなりゆっくりプレイしてたのでクリアタイムは70時間ちょっと。
それにしたって1ヶ月以上かかったのはDQM2やシアトリズム(今頃)と平行プレイしてたため。

雑感

ダクソのときもクリアまでに同じく一ヶ月以上かかったんだけど、1と比べるとそんなに辛くなかった印象が強い。
序盤はキツかったのだが、今作は序盤から少し進んだ辺りで、装備していると死亡してもソウルを落とさなくなり生者を保てる指輪が手に入るため非常に楽だった。この指輪は効果を発揮した直後に壊れるんだけど、鍛冶屋で3000Sにて修理できるため修理代さえ確保できれば簡単に生者プレイが満喫できる。
生者だと何が楽かってやはり他プレイヤーを呼び出す事ができることだろう。ダクソ1では生者を保つのが困難だったため他プレイヤーとの協力プレイがほとんどできず、且つ亡者のペナルティの体力上限低下のペナルティを負ってプレイしていたため非常にキツかった…。

今作の自分のプレイ方針だが、基本的にエリア攻略は自力 or NPCと一緒に行い、ボスは初見は白を呼ばずに様子見という風にプレイしていた。このゲームのボスというのは基本的にタイマン用に作られているため、NPCなり他プレイヤーと挑むとかなり楽になる。(ソロではないとボスが強化されるらしいが、それを差し引いても挟んで背後からタコ殴りできるボスも少なくないので)
というわけで生者プレイで他プレイヤーの協力を得てかなり楽にプレイすることができた。

ただこのゲームの協力プレイは、1周目プレイヤーと2周目以降のプレイヤーではマッチングされないらしいので、ソロで攻略する自身が無いという方は1周目が過疎る前に早めに攻略した方が良いかも。
まぁ一部の指輪を入手するのに1周目が楽で、且つソウル稼ぎのために白サイン出すプレイヤーも存在すると思うのでしばらくは大丈夫かもしれないけど。

辛かったエリアとボス

辛かったエリアはやはりアマナの祭壇。
このエリアの攻略のためだけに「潮の弓」を取りに行った。全弓中射程距離が最大で筋力補正も一応Cあるのでオススメ。入手方法もさほど難しくなく、隠れ港の序盤から出てくる鎧を着けた亡者がドロップする。ドロップ率はあまり高く無いように感じたので装備やコインで運を上げた方が良いと思う。

辛かったボスは攻略に必須ではないんだけどヴァンクラッド。
とはいっても攻略情報見てハベル盾両手持ちで挑んだらかなり楽だったが。
まさか盾攻撃があんなに強いとは思わなかったw

あとはガーゴイルかな…、1のときにも泣かされたけど…。
火炎壺投げまくるにしても一気に3匹とか出られると隙が無くて…。

あ、ちなみに古の竜はやってない…。やるなら最低でもゴダの指輪入手してからにしたい。

まとめ

この後どうしようかな〜というところ。
前述の指輪2つはちょっと取れる気がしないのであんまり挑戦する気は無いけどトロフィーコンプリートにはちょっと挑戦してみたいかも。
魔法コンプ辺りがちょっと面倒臭そうだけどボチボチやってみたいと思う。

ダークソウル2 オフラインでトロコンできるのか。A:可能ではある。:最近やりたいゲームとか、持ってるゲームとか。 – ブロマガ




8月 092013
 
この記事の所要時間: 412

どうも、最近一生懸命怠けている@kuronamaです。あ、ネスペの勉強はやってるのでやっぱりそんなに怠けてないかも。

名作放置ゲー第2弾

以前に前作の記事を何回か書いたが、つい先日その続編がリリースされた!

冒険者ギルド物語2 (Version 1.00) App
カテゴリ:ゲーム
価格:無料 (最新価格はStoreで確認してください)
リリース日:2013/08/03
現Ver.の平均評価: (3.5 / 97件の評価)
通算の平均評価: (3.5 / 95件の評価)
 

続編といっても今回は前作の100年ほど前の話となっている。
前作で出てきたキャラの若い頃を見ることができたり、前作では名前しか出てこなかったキャラの人となりが分かったりするので物語を楽しむなら前作からプレイすることをオススメする。
とはいえ今作からのプレイも問題無くできるらしいし、時系列順には2→1なので特に問題無さそうだ。

「冒険者ギルド物語2始めました…」の続きを読む