3月 032012
 
この記事の所要時間: 42

遅れ馳せながらプレイ中

物流と勤務の都合で発売日の翌日からプレイし始めた。
ボタン配置は既存の無双シリーズと同じだが、システムはそれらとは大分異なっている。
とりあえずエピソード9くらいまで進めた上での感想を書いてみる。


ストーリーをなぞるメインログ

ストーリーモードともいうべき、ストーリーをなぞって進めていくのがメインログモード。
シャボンディ諸島でバーソロミュー・くまに飛ばされたルフィ達が2年を経て再会したところから物語は始まる。
そこから回想でバギーとの戦いから順を追って物語が進んでいく。
ちなみにそれほど丁寧にストーリーをなぞっているわけでは無いので、原作を知っていないと?となるかも。


基本的に操作するのは主人公であるルフィのみ。
場合によっては仲間たちを操作することもある、あとは仲間をパートナー状態で特定の攻撃を出すと仲間ストライクで短時間仲間を操作することができる。
メインログのストーリーのステージは無双ステージとアドベンチャーステージがある。
無双ステージは既存の無双シリーズの様に領地を奪って敵の指揮を下げながら攻略していく。ただ低年齢層にも配慮したのかマップが非常に単純な作りなのが若干気になった。
アドベンチャーステージはステージ内の仕掛けを利用しながら、ルフィのゴムアクションを駆使して進んでいく。無双ステージに比べるとマップ構成にも変化があり、ゴムアクションによる移動が爽快なのがなかなか楽しい。これを楽しいと取るか面倒と取るかは個人の好みになると思うが、自分の場合は無双ステージの単調さに対する良いアクセントになっていると受け取った。


戦闘について

先程書いたように基本的に操作するのはルフィなのだが、R1で出せる特殊技が色々とあり、またそれぞれの役割がハッキリしているため1キャラを使い続けても飽きが来にくい。
雑魚戦は無双らしいワラワラ感がそれなりにあるし、必殺技で一掃も出来るので爽快感がある。
ボス戦は原作の能力を上手く表現できていると思った。体力ゲージの切れ目で行動が変わるというのはなんだか東方っぽいが、一気に様々な行動をされるより対策が立てやすくて攻略のし甲斐があるように感じた。


成長要素

成長要素に関してはまずはキャラのレベルがある。
1ステージクリアして1か2くらいしか上がらないのでそれほど上がりやすくない気がする。
またレベリングの際には序盤ステージでは経験値がほとんど得られないので、直近のステージを再度プレイするのが恐らく効率が良いと思われる。しかし1ステージに30分くらいかかるので、もう少し簡単なレベリング方法が欲しかった。もしかするとアナザーログでそういったステージがあるかもしれないが、少なくとも自分がプレイした範囲ではそういったものは見つからなかった。


本作にはキャラを強化するもう一つの仕組みとしてコインシステムがある。
ステージ内やプレイ後に入手できるコインを、コインスロットにセットすることでキャラの能力や攻撃を強化することができる。
また特殊な組み合わせでコインをセットすると、コイン自体の能力は無視されるがスキルを発動することができる。
コインには絵柄があるのだが、一つの絵柄のコインは一枚しか持つことができずどのような能力が付与されるかは恐らくランダム。コイン自体は同じ絵柄で新しい物を手に入れればどちらを残すか選択することができるが、そういった意味でコレクター要素が強そうだ。


まとめ

全体的に見て低年齢層にもよく配慮しつつ、一般ゲーマーも楽しめるように作られていると思う。
まぁ逆に言えば優等生的というか、突き抜けた面白さには欠けるかもしれないが普通に遊べる感じ。
既存の無双シリーズと同じだと思って手を出すと裏切られると思うので、本作を買うなら「海賊無双」という新しいジャンルだと思った方がいいだろう。
あとCERO Bなので相応の演出になっているのはまぁ仕方ないかなぁと、CERO Zの海賊無双も見てみたくはあるがw

1月 032012
 
この記事の所要時間: 455

完全クリア

感想

VITAと同時購入した真かまいたちの夜のプラチナトロフィーを入手した。ひと通りやったのでまず感想を少し書きたいと思う。ネタバレ含むので注意。
ボリュームに関しては十分だったと思う、既にDLCが2つ公開されているので今後も増えてくれると更にやりがいがありそう。


シナリオの面白さに関しては全般的に初代を超えるほどの物では無かった。ミステリー編は初代を踏襲してはいるんだけど、例えば初代のバッドエンドであるサバイバルゲームのような緊迫感があまり感じられなかった。トリックに関しても初代ほどの驚きは無かった。
他シナリオについて、面白かったのはビンゴ編と妖怪編。特に妖怪編は他シナリオと比べてボイス率が高いのでそちら目当てで買った人も多少は満足できると思う。特に杉田の全力投球ぶりがw
死神編は発想が良かった、展開自体もむしろこちらをミステリー編として採用したほうが良かったんじゃないかと思った。
DLCの方はミユキとサトミはサトミの新たな一面を見ることができて良かったと思う、ボリュームもボイスオンリー且つ選択肢有りなのでわりとあったと思う。混浴編もボイス率が高く楽しめた、杉田と中村悠一のホモエンドもあって思わず噴いたw


なんだかんだ言ってそれなりに楽しめたと思う。初代をプレイして結構経ってるのでそれなりに美化している部分もあるかもしれないし。シリーズファンはプレイしてみてもいいんじゃないかと思う。


読了率100%とプラチナトロフィーについて

今作のプラチナトロフィーを取得する上で一番大変なのが読了率100%だろう。全てのエンディングを見ても読了率が100%にならないことはざらにある。
自分の場合はひと通り番外編など見終わった段階の読了率が92%、エンディングリストが数個空いている状態だった。そこからまずは以下のページを参考にエンディング埋めを行った。
エンディングリスト – 真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト) 攻略Wiki – Lostgamer
エンディングで残っていたのは死神編とスパイ編。前者はこのシナリオ独特の死亡フラグを適宜立てないと出現しないバッドエンドがあった。後者は残りの弾丸の数などで出現しないバッドエンドがあった。


エンディングをコンプした時点の読了率は97%、ここから更にこちらを参考に読了率を埋めていく。
読了率100%への道 – 真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト) 攻略Wiki – Lostgamer
真かまいたちの夜 11人目の訪問者 – PS3 トロフィー まとめwiki
ここで重要なのは読了率はフローチャートのフローで新しい物が出たときに増えるということ。なので一応フローチャートの状態を見れば未読の箇所が分かるようにはなっている。
ただし以前の記事でも書いた通り、選択肢の状態や、死神編なら死亡フラグの取得状況、スパイ編なら各種アイテムの入手状況によりフローチャートが書き換えられるため一筋縄ではいかない。特にスパイ編の残弾数のよる派生は厄介なので要注意。


上記を参考にし、金のしおりとプラチナのしおりを入手した段階の読了率が98%。ちなみに異次元少女ポポリン編はポポリンのシナリオ自体は読了率に含まれないが、各種原稿を入手する辺りで新しいフローチャートが出るので、全ての原稿を集める必要がある。
ここでちょっと迷ったので「真かまいたちの夜 読了率」で検索して出てきた以下のページを参考にしてみた。
真かまいたちの夜 攻略。読了率100パーセントの方法。EDコンプリート。スパイ編の手榴弾に注意|ゲーム総合情報局
なんとこれが大当たりで、自分も手榴弾所持状態で玄関に行っていなかったためその辺の選択肢がまるまる出ていなかった。これらを埋めたところめでたく読了率100%&プラチナトロフィーを達成できた!


まとめ

シリーズ物且つ同ジャンルのゲームが少ないため必然的に過去作と比べられてしまうけど、単体のゲームとして見ればそれなりに楽しめたと思った。
以上、忌火起草を途中で投げたプレイヤーのレビューでした。