8月 302015
 
この記事の所要時間: 322

どうも、据え置きはスプラトゥーン一筋だけど携帯ゲームでは色々と手を出してるkuronama です。

3DS版DQ8

唯一の未クリアのドラクエ

発売日に購入して楽しんでいる3DS版DQ8だが、実は初代のPS2版は途中までプレイしたものの未クリアだった。
DQ1~DQ10まではEDを見ているが、これだけ未クリアだったため今回のリメイク版は発売ちょうど良い機会だった。
当時の印象としてはカスタマイズ性に乏しいスキルシステムのせいで、わりと退屈なゲームというのが強かった。
まぁ3DS版でも根本的なシステム自体は変わっていないのだが、DQMなど他のDQシリーズのプレイを重ねてスキルの選択基準が変わったためか数年ぶりにプレイしている現在はあまりそういった印象を抱かなくなっていた。

現在はククールまで仲間にした時点で率先して育てているスキルは以下の通り。

  • 主人公…ヤリマン!
  • ヤンガス…オノマン!
  • ゼシカ…杖
  • ククール…杖
序盤のスキルはそれほど決定的な効果を持つものは少ないので、主人公とヤンガスはメタル系を倒しやすくなるスキルを持つ槍と斧を優先して育てている。メタル系以外でも槍は複数回攻撃やグループ攻撃ができたり、斧もグループ攻撃や防御低下などが使えるためわりと便利。ゼシカは強力な魔法を息切れ無く使えるようにするために杖、ククールも同じく。そもそもククールはまだしもゼシカは力低いと思うのでわざわざ物理系スキル覚えなくても良いと思うし。

3DS版での改善点など

PS2版のことはあまり覚えてないのだが、3DS版で追加された要素や改善された要素が幾つかあるようだ。

追加された要素として一番分かり易いのがスクリーンショット撮影機能と、それを利用したクエスト手帳とすれちがい通信だろう。スクリーンショットは戦闘中・イベント中以外の場所で撮影できる。クエスト手帳はそれぞれの地方でお題が出されて、お題の写真を撮影するとスタンプ帳にスタンプが押下されるスタンプが一定数貯まると装備などが貰える仕組みだ。
すれちがい通信は撮影した写真とプロフィールを他ユーザーとやりとりできる。ただし他人が撮影した写真でクエストはクリアできないので、純粋に写真のやりとりを楽しむというだけのようだ。ただ写真に3種類のいいねを付けることができるのだがこれらが一定数貯まるとご褒美がある?模様。
一応オンラインすれちがいもあるのだが、いいねの評価を受け取るためには同じユーザーに2度会わなければいけないというちょっと残念仕様のためあまり有効ではないかも…。

3DSで下画面が追加されたことで、一部のダンジョンや建物を除く場所では下画面にマップが表示されるようになった。また下画面によく利用する?れんきんがまや仲間呼び出しのショートカットができた。
ただこのショートカット、選択基準がおかしい気がする。
仲間呼び出しは最初からYボタンに割り当てられてるのでいちいちショートカットは要らないし、そのわりに比較的頻繁に利用する「まんたん」や「クエスト手帳」へのショートカットが無いので利便性向上に繋がっていない。これらはさくせんコマンドから実行するのだが、そのさくせんコマンドの配置も良くない
image
このように中途半端な位置に有るため、実行するために方向キーを3回も押さなければならない。この辺もう少しどうにかならなかったのだろうか?

まとめ

不満が無いわけではないが、全体的にはそつ無く作られているためSP2の頃より楽しめている気がする。自分のようにPS2時代に挫折してしまった人にも是非挑戦してみて欲しい。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00XKH27ZG/ref=pd_lpo_sbs_dp_ss_1?pf_rd_p=187205609&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B00062ILP8&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0Q24SQD8V4BMN77C1SDY