3月 082013
 
この記事の所要時間: 532

どうも、日々の日課に「読書」を入れてるんだけどBlog更新したりラブライブ!関連の巡回したり巡回したり巡回したりでなかなか最近本が読めていない@kuronamaです。

iBookstore

先日、処理仕切れなかった過去分のGunosyを見てたらこんなニュースを見つけた。

Appleが日本の電子書籍参入、「iBookstore」日本語版オープン -INTERNET Watch


「へ〜、でも電子書籍はKindleとBookWalker(ファミ通専用)でだいたい間に合ってるからいいや。」と流しそうになったが、よく考えたらこれは全電子書籍事業者に対する挑戦状をAppleが叩きつけたように感じられた。電子書籍事業においては一つの書籍は各サービス間でだいたい価格が横並びになるため、独自性を打ち出すなら蔵書数や閲覧端末・アプリの使い勝手などになる。
ところがiBookstoreの場合はそれらの前提を打ち崩す、ある独自のメリットがあった。

「Appleの電子書籍参入により、常に2〜3割引で電子書籍が買える!?…」の続きを読む