10月 302012
 
この記事の所要時間: 529

iPhone5購入

遅ればせながら昨日iPhone5を購入した。
1週間ほど前にヨドバシで予約したところ、2週間程度で来るかもと聞いていたが予定よりも早く届いた。


3GSからiPhoneを使い始め、4・4Sと発売日に購入してきたのだが今回は少し様子見をした。
というのも問題になっている純正マップの不出来具合と、一番利用頻度の高いアプリであるTodoアプリのiOS6対応のアップデートがなかなか来なかったためだ。
先日Todoアプリのアップデートが来て、マップの方もGoogleマップがブラウザから確認できるためやっとiPhone5の購入に踏み切った次第だ。

ちなみに純正マップ自体はほとんど使わないのだが、Googleマップ上に保存しているマイマップを呼び出すマイマップアプリはよく使っている。
4Sから5に環境を移行する関係で4SをiOS6にアップデートしたところマイマップアプリは以下の様になっていた。

2B08B225-70FA-439C-B17C-0B63A22A3AA5

Apple製の純正アプリの上からGoogleマップのマイマップ情報が表示される形だ。
自分のマイマップの使い方として既に行ったことのある場所をメモ的な意味で残しているので、それほど詳しい地図情報は必要無い。
なので現状の状態でもそれほど不便には感じなかった。


iPhone5の魅力

購入に踏み切った理由は以下の通り。

  1. 4Sからかなりの軽量化&薄くなった
  2. ホームボタンが金属バネ?になったらしく耐久性が増した
  3. インタフェースが刷新され、小型化且つ裏表の区別が無く挿しやすくなった

まぁたったそれだけかよと突っ込まれそうだが、上記の3点は初代iPhone3Gからほとんど変化の無かった点でありiPhone的には革新的な進化と言える。
インタフェースに関しては初代のiPodから変わってないのではないだろうか?


購入・フィルム貼り

前述通りヨドバシで購入した。
受付開始からだいたい1時間くらいで受け取れた。

ちなみに今回もキャリアはSBなのだが、4Sから機種変したため、4S用にマイクロSIMを発行してくれるというサービス?があった。
4S側の料金は最低0円からで、3Gをオフにし、通話をしなければ毎月0円で運用できるというものらしい。
2年契約のため2年後の解約月に解約しないと違約金が発生する上に2年以降また料金プランが変更しそうで面倒そうではあった。
ただiPhoneはSIMが入っていないとバックアップできなかったりある程度機能制限がかかるので、今回はそのサービスを利用する事にした。
まぁマイクロナノSIMにアダプタ咬ませて4Sに入れてもいいのだが…。

4S用のSIMなのだがヨドバシのSB担当の話では4Sを売却する際は抜き取るだけで解約等は必要無いらしい。
そのまま保存しておき2年後の解約月に解約すれば良いとか。
iPhoneとSIMの紐付きとか無いんだっけ?と若干不審にも思ったがまぁそういうことらしい。


iPhone5を受取帰宅して、まずやったことは保護フィルム貼りだ。
保護フィルムはもちろん信頼のパワーサポートの物を使用。
アンチグレアは画像がかなりぼやけるためクリスタルフィルムを貼った。
カバーも欲しかったので以下のセット商品を購入した。


ちなみにカバーはラバーコーティングブラックにした。
背面が見えなくなってしまうのだが、iPhone5の背面にはIMEIという端末固有の番号が刻印されているためわざと背面の見えない物にした。
まぁIMEI自体見られてもそれほど困る物でも無いらしいのだが念のため。

フィルム貼りだがかなり手こずった。
パワーサポートのフィルムは真ん中の部分で位置決定ができかなり貼りやすいのだが、今回のiPhone5は上部に穴が4つもあり、その関係でかなり位置合わせが難しかった。
以下がフィルムを貼りカバーを付けた状態。

84A2885B-2763-4AF4-827E-B7E914840499


セットアップ

とりあえず外装の処理が終わったので次は4Sのバックアップからの復元。
新しいインタフェースであるLightningでiMacとiPhone5を接続していざ復元、したのは良いのだが間違って4のときのバックアップから復元してしまった。
再度今度は4Sのバックアップで復元してしばらく放置していたところ、電源を入れてもリンゴマークが出てすぐに暗転するようになってしまった。
どうやら正常に復元が出来なかったらしい、この状態だとMacに接続してもiTunesからiPhoneが認識されない。
仕方ないので以下の方法でリカバリモードで接続したところiTunesから認識された。
iOS:アップデートまたは復元ができない

3A338210-CD92-4735-9868-DFB8D6E5C65A

そこから工場初期出荷状態に戻し、再度iTunesからバックアップの復元を試みたところ今度は無事復元が出来た。


使ってみた感想

とりあえず薄くて軽いのが素晴らしい。
縦が伸びた関係で上部にボタンがあるようなUIのアプリは若干使い難くなったが、代わりにホーム画面が1行増えたので±0といった所か。
電池の保ちについては利用する場所の電波状況にかなり依存するのではないかと思う。
職場で利用したところ、LTEの入りが中途半端に悪くアンテナ2本程度だったり、切れて3Gになったりといった状況で電池の減りが早く感じた。
多分以下が関連すると思うので今後に期待。

  • LTEのエリア
  • 端末側の通信チップ
  • 基地局側の処理


まとめ

4Sと持ち比べると明らかに軽くなっているのが分かり、それだけでも使っていて嬉しくなってくる。
とりあえず次回の5S?は様子見しようと思うので2年ほど使ってみたいと思う。
最後にかなり適当だけど現在のホーム画面を。

9BF3C21E-9984-4FD7-96B2-A3C8584A071D

10月 042012
 
この記事の所要時間: 634

購入

DQ10のサブ職のレベル上げとか3DSの「わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!」と色々忙しかったんだけど、とりあえずバイオ6を購入した。


ガールズモードについてはファミ通のクロスレビューでプラチナ獲得していて、実際の出来も異論無いほど素晴らしいゲームなのでそのうち記事にしたいと思う。


進行度

今回はストーリーが3つに分かれていて、それぞれ好きな順番に進めることが出来る。
とりあえず自分はレオン編を最後までプレイしてみた。
1つのストーリーが5つのチャプターに分かれていて、チャプター1つの平均プレイ時間がだいたい1時間半〜2時間くらいと思われる。


システムについて

今回もバイオ5のCO-OPシステムを踏襲しており、ほとんどの場面でパートナーと一緒に行動する事になる。
オフラインプレイではパートナーはCPU操作となるが、オンラインに接続すれば他のプレイヤーと一緒にプレイすることも可能。


また目新しいシステムとしてはスキルシステム・格闘・ハーブタブレットだろう。
スキルシステムは、マーセナリーズ等であったもので入手したスキルポイントを利用してスキルを購入、最大で3つのスキルを付与してプレイを楽にするという物。
3DSのマーセナリーズでもそうだったのだが、本作も付与できるスキルの数がかなり少ないわりにスキルの数はそれなりにあるので何を付けるかかなり迷う。
プレイの幅が広くなるためこれはかなり良い追加システムだと感じた。


格闘については体力の他にP.C.ゲージという物があるのだが、これを1ポイント使用して格闘攻撃を出すというもの。格闘なのでもちろん弾薬は消費せず、P.C.ゲージも時間経過やハーブの使用により回復する。格闘攻撃や銃で怯ませると攻撃力の高い格闘攻撃も出すことができる。
マーセナリーズでもあった格闘と比べるとかなり使いやすくなっているため積極的に活用することで弾薬を節約することが出来る。

またP.C.ゲージを利用することで格闘だけでなくクイックショットという攻撃も行える。
クイックショットはP.C.ゲージを1消費することで狙いを付けずとも近くの敵に銃撃を当てて体勢を崩すことが出来る。体勢を崩した状態で格闘を入れれば雑魚であれば一撃で仕留める事が出来る。
クイックショット→格闘の連携を如何に使いこなすかが雑魚戦のカギと思われる。

ただP.C.ゲージの上限は初期では5なので時間経過で回復するといってもある程度計画的に使用する必要が有り、その辺のバランスはほど良く取られていると感じた。


最後のハーブタブレットについて。
バイオシリーズは今まで大抵が体力をグラフや色で表していて、残りの体力がハッキリとは分かりずらかった。本作では体力をマス目で表示しており、また回復も1マス単位で行える様になった。ハーブを手に入れたらタブレットに入れることでR2ボタンから使用することが出来るようになる。
緑ハーブ単体ではタブレット補給は1個だけだが、緑+赤では6個補給できたりと過去作の特徴はそのまま活かす形になっている。
また1マスに満たないダメージはマスが赤く表示され時間経過で回復するようになっている。

既存シリーズと比べるとガラリと変わったため好みが分かれそうだが、個人的には体力が可視可されることでどれくらいのダメージを受けるかが可視可されストレスが減ったので良改善だと感じた。


難易度について

難易度はノーマルでプレイいたのだが、前評判通りかなり難しく感じた。
CO-OPで人間プレイヤーと組んだり、スキルを付与することを前提としているのか、オフラインの初回プレイではどのチャプターでも結構な回数死亡した。
そもそも最初のチュートリアルでの説明がハーブタブレットくらいだったため、ゲームに慣れていない人だと武器の切替(十字キーで行う)すら気付かないかも知れない。
回避動作もゲーム内では全く触れられないため説明書を読まなければ気付かないプレイヤーもいるだろう。
その辺は近作のリベレーションズと比べるとだいぶ不自然に感じた。(オペレーションラクーンシティーは開発が別なので近作扱いではない)

またレオン編のみをプレイする限りでは失敗すると即死するようなボタン入力が多く、いわゆる初見殺しが多かった。
ボタン入力シーン自体も4なんかだともうちょっと入力指示表示が大きかったような気がするが、今作は強調表現が足りずにボタン入力に気付かないこともあった。
また押しっぱなしなのか連打なのかLなのかL1なのか分かりづらく感じることも多くストレスが溜まった。
演出的にシステム寄りのボタン入力を大きく表示したくなかったとか有るのかもしれないが、それならそれでもう少し何らかの工夫をして欲しかった。
まぁ最低難易度であれば即死するボタン入力は回避されるらしいので初心者向けの配慮はされているが…。

あと本作では特に序盤は弾薬が不足しがちな場面がよく見受けられた。
何も考えずに銃だけ撃っているとすぐに弾薬が尽きるだろう。
これについては上記で触れたクイックショットと格闘の併用でかなり節約出来る。
格闘のみだと1体倒すのに時間がかかったり逆にダメージを食らうのでクイックショットと併用がお勧め。


まとめ

あとゴリス編とジェイク編とマーセナリーズ等のオマケが残っているため進行度としてはまだ4分の1程度なのでじっくりと楽しんでいきたい。
個人的には3以前とアクション要素が強くなった4は好きなんだけど、洋ゲー的な雰囲気が強くなった5はあんまり合わなかったので、5に近い本作よりもリベレーションズなんかの方が好きだったりするんだけどそれなりに楽しめてはいるので頑張りたいと思う。