8月 062006
 
この記事の所要時間: 20

金曜日の会社帰りにYバシに寄ったら、「DSLite」入荷しましたの文字がッ!

そういやもうすぐFFⅢも出るし買ってみようかなぁということで、買ってみましたw

ソフトの方は色々迷ったあげく、「降魔霊符伝イヅナ」を選択。

ゲームシステムは要は不思議のダンジョンなんだけど、コレがなかなか面白い。

とりあえず他の不思議のダンジョン系と違ったポイントを紹介。

タイトルにもあるとおり霊符というものがあって、この霊符とHPとは別のSPというのを使用して色々な効果が発揮できるというもの。

ここまで書くとシレンの巻物と同じ感じがするけど、この霊符はただ使用するだけでなく装備品に貼ることで使用したときと別の効果が発揮される。

例えば烈火の霊符は普通に使用すると周りの敵に炎攻撃をするが、装備品に貼り付けると装備品の攻撃力がアップする。

ここでまた面白いのが同じ烈火の霊符でも使用するときに消費するSPが違い、装備品に貼った場合はこの消費SP分攻撃力が上がるというところ。

使用目的なら当然消費SPが低い方がいいが、貼るなら値が高い方が良いということ。

で、霊符をベタベタ貼っていけばわりと簡単に装備品を強化できるわけだがコレにも一応制限がある。

まず装備品の許容霊力量、これは一つの装備品に貼り付けられる霊符の消費SP量が決まっているというもの。

この許容霊力量を無視して霊符を貼ることもできるが、そうすると十回も攻撃しないうちに武器が破損するので実用的ではない。

ちなみに霊力量は各々の武器でランダムに設定されるが、増幅の霊符を貼るか使用することで増やすこともできる。

ちなみに増幅の霊符を貼った場合は霊符に設定された消費SP分がそのまま増えるが、使用した場合は1回使用するにつき許容霊力量が2増加する。

だったら使用せずに貼ったほうがお得じゃないかという話になるが、これがそう単純な話でもない。

なぜなら装備品の種類によって貼れる霊符の数が決まっているからだ。

装備品は大まかに3種類に分けられ、爪・小手・刀とあるが、爪と小手は貼れる霊符の数が8枚、刀は3枚しか霊符が貼れないが基本能力が若干高くなっている。

まぁ本家不思議のダンジョンと比べると、アイテムの持込制限無し&レベル引継ぎとかなりヌルい感じがするが気軽に遊ぶにはちょうど良い感じだと思う。

「DSLite入荷しました」の続きを読む