2月 252017
 
この記事の所要時間: 152

どうも、最近据え置きゲーム機のタイトルが楽しい@kuronamaです。

ニーア オートマタ

NieR:Automata | SQUARE ENIX

というわけでスクエニ発売、開発元プラチナゲームズ(ベヨネッタとかの開発元)のニーアオートマタをプレイ中。


ニーア オートマタ – Wikipedia

Wikipediaによると『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の続編ということなんだけど、発売当時は気になってはいたものの結局プレイししていないのでシリーズ初プレイ。

本作はスピーディーな3Dアクション且つ、いきなり敵のレベルが高めなサブクエストを受けられたりするため比較的難易度が高めではあるが、常時難易度変更ができる仕様なので総合的に見てわりと万人向けなタイトルだと思う。

まだ10時間くらいしかプレイしていないが、ストーリーも思ったよりはとっつきやすいのでパッケージとか見て気になった人は是非体験版をプレイして欲しい。

画像集

ネタバレが無い程度に適当に何枚か。

C5fRXBKUoAEgXt9

まずゲームを始めるとコレ、いきなり突き放された感があるがそう不親切でも無い。
実際に自分はDL版を説明書無し(そもそもあるのか?)でプレイしているが、ゲーム内の説明だけでさほど困っていない。

C5fRQQ1U8AEps0l

義体システムの説明、ダークソウルシリーズのと少し似てる。
任意でメッセージを残せるのでヒントを残すこともできそう。
ちなみに自分が死んだときもダクソとかなり似ていて、死んだときに強化チップを何枚か落としてしまうようだが死んだところにある義体にアクセスすることでそれらを回収することができる。

C5fRgzQVAAEeE0C

ゲームプレイ中の一幕、PS4 Proの恩恵もあるのか流石に画面はかなりキレイ。

まとめ

同じくプレイ中の・さん曰く、「(初期型?の)PS4だと性能がギリギリなのか描写多い箇所の動きが怪しかったり、ややフリーズが多いかも」ってことだったが、PS4 Pro&SSDでDL版をプレイしているこちらはほぼそういったことは無かった。
もう少し先に進むとそういった場面が出てくるのかもしれないが。
とりあえず今のところ楽しめているのでプラチナトロフィー目指して頑張りたいと思う。