1月 192013
 
この記事の所要時間: 29

flickrへアップロード

どうも、自分で撮影した写真の保存にはflickrを使っている@kuronamaです。

それほど機会は無いのだがたまにWebサイト上の情報のスクリーンショットを撮ってflickrへアップロードしたいことがあった。そんなときは大抵OS標準のスクリーンショットで撮影した後にflickrのサイトからアップロードしていたのだが、これが微妙に面倒臭い。
できればもっと簡単にしたいと思い、chromeの拡張機能を調べてみた。

思ったより無い…

まず調べて真っ先に出てきた「Awesome Screenshot」という拡張機能なのだが、過去の記事ではflickrにアップできると書いてあったが現在はアップロード先にflickrが無いみたい。
もしかしたら自分の探し方が悪いのかもしれないけど…。

次に出てきたのが「Quick Markup」、こちらも過去はflickrにアップできたようだが何故かこちらでも現在はアップロードできないようだった。

Pixlr Grabber

で、結局以下のサイトを参考に見つけた拡張が「Pixlr Grabber」というものだ。
ウェブ執筆者におすすめのGoogle Chrome拡張機能+ウェブアプリ厳選33個まとめ – ガジェット通信



Chrome ウェブストア – Pixlr Grabber – Screen capture/image grabbing
こちらは画像編集WebサービスのPixlrにスクリーンショットを渡して編集することができるというもの。
そのまま保存するとflickrへはアップロードできないようだが、Pixlr経由だと初回にPixlrアカウントを作るかgoogleアカウントでログインすればflikrにアップロードできた。
ファイル名は自分で決める必要があるが、ちゃんとフォルダ(flickrで言うところのセット)の指定もできた。

まとめ

写真サービスとしては大手のflickr関連の拡張機能なら幾らでも出てくるだろうと思っていたので非常に意外だった。
もしかしたらflickr側の仕様変更でアップロード処理が面倒になって対応を取りやめたとかなのかもしれない?
ちなみにOSによって処理が変わりそうなスクリーンショット撮影というためか、幾つかの拡張機能はWindows専用と表記されていた。
今回紹介した「Pixlr Grabber」はMacでも問題無く使えるのでマカーな人は試してみて欲しい。