9月 062013
 
この記事の所要時間: 539

どうも、最近の休日の過ごし方は艦これ時々アイカツのkuronama です。

キス島撤退作戦

艦これにて2-4と同様に難所として知られる「キス島撤退作戦(3-2)」をようやくクリアすることができた。

www

だいたいは2ch wikiの通りで良いと思うが、一応記事として書いておきたいと思う。

艦隊これくしょん ~艦これ~ 攻略&2chまとめwiki – よくある質問


「艦これ キス島撤退作戦(3-2)クリア!…」の続きを読む

9月 012013
 
この記事の所要時間: 136

どうも、最近ひたすら軽空母を育てているkuronama です。RJちゃんかわいいです。

快適さを求めて

というわけでタイトルの通り艦これプレイのよりよい環境を求めてNexus7の2013年モデルを購入してみた。

今までは第3世代のiPadからSplashTop2というリモートアプリを使い、自宅に常時稼働させてあるMac miniから艦これを楽しんでいた。
以前の記事で書いたのだが、iOS・Androidのタッチパネル端末で艦これをプレイするに当たってこれが一番快適にプレイできる方法だったからだ。

艦これをiOSやAndroidでプレイする方法 | 黒生鉄心の奇妙な日常


ソフトウェア上iPadでのプレイはかなり快適でほとんど文句は無かった。
リモートでのプレイという環境上、多少の表示遅延やタッチ操作のレスポンスの遅延などはあったが、楽な姿勢での直感的な操作という利点の方が充分上回っていた。
ただ一点iPadでのプレイで不満を上げるなら端末が重すぎることだった。
第3世代のiPadの重量はおよそ650g、ずっと手に持ち続けるにはツライ重さなので大抵は片手で支えたりして使っていた。ディスプレイが大きいためタッチ操作のし易さは充分ではあるのだが、これでは姿勢が多少限られてしまってイマイチということで7インチタブレットの購入を考えていた。

7インチタブレットを選んだ理由は、以前Xperia Z(5インチ)でプレイした際にもう少し画面サイズが大きい方が良いと思ったためだ。
ただもうすぐAppleの新作発表の時期なので新型のiPad miniの発表などを待ってから購入しようと思っていた。
ところが先日発売されたNexus7には今までのタブレットには無かった魅力的なハード機能があった。
それがQiだ。
Qi (ワイヤレス給電) – Wikipedia


個人的に数年前から主にeneloopやモバイルブースターの充電で利用していたのだが、非常に便利だったため是非これに対応したモバイル端末が欲しいと思っていた。



実際Qi対応したスマフォなどは今までに幾つか発売されていたのだがどれも魅力に欠けた。
だがNexus7の2013年モデルの場合はQiに加えて薄型・軽量(290g)と、今まで艦これのプレイに感じていた不満を解消できそうなので思い切って購入してみた。

Nexus7

こちらが開封してみたところ。

photo

ちなみに目的上それほどストレージの容量を必要としないので16GBモデルにした。
9月下旬に発売されるらしいLTEモデルも魅力的ではあったが価格が12000円ほど高くなるのがネックだったため、今回はwifiモデルを選択した。

起動後にGoogleアカウントでログインするのだが、二要素認証が有効なためアカウント名とパスワードだけでは認証できないためブラウザからログインする必要があった。

二要素認証使ってるのでブラウザからログインしろ言われた。

あとは特に問題無くすぐに利用できる状態になった。
というわけで早速SplashTop2を導入してみた。
Android版ではSpashTop2とSplashTop HDの2つがあり、前者は無料、後者は有料(880円くらい)だった。
最初に後者を購入してみたところ、iOS版とは微妙にUIがことなっていたが、HDということで画質は多少良かったような気がした。
その後試しに前者も購入したところこちらはiOS版と同じUIだった。
ただ前者の方が画質が良い分多少負荷がかかるのか、ピンチイン・アウトなどのレスポンスが悪かった。
個人的には前者の画質でも充分満足なので、これから導入したい人は無料のSplashTop2をまず試してみると良いだろう。

ちなみにiOS版では有料だったインターネット経由での接続だが、何故かAndroid版では両方とも追加料金の必要無く行えた。
iOS版と違いGoogleアカウントでのログインを促されたため、もしかするとGoogle側(Android側?)で提供しているサービスを利用しているため無料で行えるのかもしれない。

こちらが実際に艦これを遊んでいる様子。

とりあえずnexus7(2013)とSplashTop2HDの組み合わせでリモートで艦これプレイできるとこまで確認した。デフォルト画質だとキレイだけど反応鈍いのでパフォーマンス重視にした。

ただ一点注意点があり、Nexus7自体の解像度がかなり高いためそのまま接続にいくとかなり負荷がかかってスムーズにプレイができなかった。
そのため快適にプレイするにはアプリ側で接続する際の解像度を下げるか、母艦側の解像度を下げる必要がある。

「艦これのためにNexus7(2013年モデル)を買ってみた…」の続きを読む