2月 252017
 
この記事の所要時間: 152

どうも、最近据え置きゲーム機のタイトルが楽しい@kuronamaです。

ニーア オートマタ

NieR:Automata | SQUARE ENIX

というわけでスクエニ発売、開発元プラチナゲームズ(ベヨネッタとかの開発元)のニーアオートマタをプレイ中。


ニーア オートマタ – Wikipedia

Wikipediaによると『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の続編ということなんだけど、発売当時は気になってはいたものの結局プレイししていないのでシリーズ初プレイ。

本作はスピーディーな3Dアクション且つ、いきなり敵のレベルが高めなサブクエストを受けられたりするため比較的難易度が高めではあるが、常時難易度変更ができる仕様なので総合的に見てわりと万人向けなタイトルだと思う。

まだ10時間くらいしかプレイしていないが、ストーリーも思ったよりはとっつきやすいのでパッケージとか見て気になった人は是非体験版をプレイして欲しい。

画像集

ネタバレが無い程度に適当に何枚か。

C5fRXBKUoAEgXt9

まずゲームを始めるとコレ、いきなり突き放された感があるがそう不親切でも無い。
実際に自分はDL版を説明書無し(そもそもあるのか?)でプレイしているが、ゲーム内の説明だけでさほど困っていない。

C5fRQQ1U8AEps0l

義体システムの説明、ダークソウルシリーズのと少し似てる。
任意でメッセージを残せるのでヒントを残すこともできそう。
ちなみに自分が死んだときもダクソとかなり似ていて、死んだときに強化チップを何枚か落としてしまうようだが死んだところにある義体にアクセスすることでそれらを回収することができる。

C5fRgzQVAAEeE0C

ゲームプレイ中の一幕、PS4 Proの恩恵もあるのか流石に画面はかなりキレイ。

まとめ

同じくプレイ中の・さん曰く、「(初期型?の)PS4だと性能がギリギリなのか描写多い箇所の動きが怪しかったり、ややフリーズが多いかも」ってことだったが、PS4 Pro&SSDでDL版をプレイしているこちらはほぼそういったことは無かった。
もう少し先に進むとそういった場面が出てくるのかもしれないが。
とりあえず今のところ楽しめているのでプラチナトロフィー目指して頑張りたいと思う。

12月 112016
 
この記事の所要時間: 111

どうも、久々の記事更新だけどなんとか無事に生きていた@kuronamaです。

ケル銃

グラブルの闇編成(特にハデス編成)において非常に重要なポジションを占めるケル銃が入手できるケルベロス討滅戦が復刻したので、ハデス持ちとして死ぬ気で周回してきた。

image
3本は交換で入手できるが、3凸を1本作るためには最低1本はドロップが必要。更にハデス編成で使うなら4凸2本は確保したいところなので、合計で5本ドロップが必要ということでひたすら周回したら以下のような感じになった。

image image
こちらは副産物

image
image

まとめ

ちょっと時間無いのでまとめに入っちゃうが、1日目は120HELL、2日目は60HELL、3日目は100HELLを周回していたが、周回数の関係もあるが100HELLが一番出やすかった気がする。(120そんなに回してないから多分120の方が出るんだろうけど)
60はトレハン9にするのは簡単だがそもそもくるりんする率が低いような気がしたので、100行けるなら100でトレハン9・軌跡・エッセル辺りで周回した方がいいんじゃないだろうか。
自分も前述のログではトレハン9・軌跡(ゴールド)・エッセルで周回しており、石は普通の火力石で回っていた。
1本ならともかく、5本となるととにかく周回数が多くなるのでなるべく自分のストレスが溜まらない方法でひたすら回るのが良いと思う。