7月 132018
 
この記事の所要時間: 611

どうも、最近はきららファンタジアで忙しくて久々にゲームを購入した@kuronamaです。

オクトパストラベラー

言わずと知れた、Nintendo Switchの期待作、スクエニ発のRPGだ。

体験版を3時間プレイしたあとに、更に4時間ほど製品版でプレイした時点での評価を書いてみる。

忘れなければ一通りクリアしたあとにも記事を書くつもり。

ちなみにストーリーのネタバレは無いが、記事の性質上ゲームの仕様については多少触れているのでそこは了承願いたい。

総合評価:80点/RPG評価:85点

とりあえず分かり易く点数を付けてみたが、今までこのような点数評価をしたことがほとんど無いので、「何の点数だよ!」と突っ込まれるとちょっと困る…。

まぁ総合的な満足度みたいな感じだろうか。

総合評価については概ね満足ではあるが、ゲームとして真に新しい体験をさせてくれたとかそういうところまでは行かず既存の枠組みの中では良く出来た方ということでこの点数。

RPG評価については、さすがスクエニといった感じであくまで序盤の時点ではあるが、大きな難点も無く、そこそこオリジナリティのある要素を交えたオーソドックスなRPG体験を提供してくれている。

しかもこれが携帯機としても楽しめるというのだから自然と点数も高くなる。

評価点

まず評価したいのがロマサガっぽいシステムを自由度を損なわずにより遊びやすくしたということ。
ゲーム雑誌等のインタビュー記事など一切読んでいないので的外れなことを書いているかもしれないが、このゲームはやはり同社の代表タイトルの一つであるロマサガシリーズに似た部分が多いと思う。

簡単に類似点を上げると、

  • 主人公を複数人から選択できる
  • 選択した主人公ごとに出発地点が異なり、他の主人公を仲間にできる
  • フリー(っぽい)シナリオ
  • メインシナリオ以外にサブシナリオが存在する

ロマサガシリーズは非常に魅力的なタイトルだが、その自由度ゆえに難点も存在する。

例えばどのキャラでもどんな武器でも装備できるが(シリーズによってはそうでも無いのもあるが)、キャラ毎に得意な武器などがある関係で素養の無い武器や属性魔法を育ててしまうと後々苦労したりというのがある。

その点本作ではキャラ毎に装備できる系統の武器が決まっているためそのような心配は無い。

またロマサガシリーズはフリーシナリオのためプレイヤーがどのように進行するかは自由ではあるが、戦闘の歯応えを保つためにキャラが強くなると同様に敵も強くなる。(強くなるというよりも戦闘回数依存?)

本作でもメニューから見られるシナリオ毎の推奨レベルを見る限り敵の強さは上がっているようだが、例えば各キャラのメインシナリオの1章を一つクリアするごとに未クリアのキャラの1章の難易度は上がるが、2章の難易度は上がらないという調整をしているようだ。

当然1章と2章の推奨レベルはかなりかけ離れており、1人目の1章の推奨レベルは5とかだが、2章になると20くらいに跳ね上がる。

その辺を見るとこの調整はなかなか考えられていると思う。

またフリー(っぽい)シナリオであるため決められた目的地以外に色々と寄り道ができるが、ありがたいシステムとしてマップが切り替わるとマップ名と一緒にそのマップの「危険度」がレベルで表示される。

実際に遊んでいて新しい街に行くのに近道を通ったら桁外れに強い敵が出てきて全滅させられたが、恐らくはこのマップの推奨レベルが非常に高かったのだろう(このときは見てなかったので不明)

ちょっと戻って迂回路を通ったところ通常の強さの敵が出てきてくれたが、ロマサガシリーズではこういった戦う前に分かり易い指標のようなものはあまり無かったように思う。

あと好みが分かれるかもしれないが、シンボルエンカウントが多いロマサガシリーズとは異なり本作はランダムエンカウントだ。

シンボルエンカウントはあれはあれで面白いのだが、どうしても軽いアクション性が出てしまうためアクションが苦手な人には辛いところがあるし、敵を避けようとして上手く避けられないとストレスも溜まる。

この辺もより万人向けに遊びやすくなっているように感じた。

他にはパラメータ上昇制ではなくレベルアップ制だったり、技習得システムの代わりにポイントを集めてアビリティを習得したりなど。

とここまで書いてるとやっぱロマサガとは完全に別物かも…?

実際に戦闘に関してはわりと別物で、ロマサガというよりはむしろ同社のブレイブリーデフォルトと、他者タイトルではあるがメガテンシリーズのプレスターンバトルを足して2で割った感じ。

敵ごとに設定された弱点(武器種ごとの属性と魔法系の属性)を付くとガードが削れていき全てのガードを削るとブレイク状態になる、ブレイク状態の敵は行動ができず被ダメが上昇する。

味方については行動する毎に?ブースト値が貯まっていき、ブースト値を使用することで複数回物理攻撃を行ったりアビリティの効果を強化することができる。ブーストの仕様で面白いのが攻撃をブーストしたときとアビリティをブーストしたときで効果が異なるところで、単純に強化されるアビリティと違い、通常攻撃はブーストした回数分の攻撃を行う。

敵をブレイクさせるには与ダメの値は関係無く、単純に弱点属性で何回攻撃を当てたかで判断されるため、敵をブレイクさせるにはブースト値を通常攻撃に振るのが早道だ。

ただキャラによっては弱点の物理属性を持たないこともあるので、そういったキャラは敵がブレイクするまでブーストを温存しておき、敵がブレイクしたらアビリティをブースト強化してぶっ放すなどといった使い分けができる。

またブレイクさせると敵の行動をキャンセルできることを利用して、敵が強力な攻撃の予兆を見せるまで敢えてブーストを温存して、時が来たら一気にブレイクさせるなど、単純なようで意外と奥の深い戦闘システムだ。

難点

前述したとおり大きな難点などは今のところ無いように思う。

ボスがかなり強めに調整されているので人によってはその辺の改善を望むのかもしれないけど、少なくとも序盤はシステムをしっかり理解して店売りの回復アイテムをちゃんと用意すれば楽勝とはいかないがちゃんと勝てるように調整されている。

個人的に感じた難点としては細かい部分になるが、敵の図鑑のようなものが欲しいと思った。

キャラの中に戦闘中に敵からアイテムを盗むことができるキャラがいるのだが、どの敵からどのアイテムを盗めるのかをゲーム内で閲覧出来ると嬉しかった。

まぁもしかしたらサポートアビリティで改善されるかもしれないが。

あとはまた細かいのだがブーストさせるときはRボタンを押すのだが、Rを押しっぱなしにしても1回しかブーストできないのでフルブーストさせる場合は何回かポチポチする必要があるのがちょっと面倒だ。

とはいえブースト値の最大は5で、フルブーストで4なので些細なことではあるのだが。

まとめ

とりあえず現時点ではかなり楽しめている。

ちなみに序盤のモチベーションとしては雑魚などの弱点属性でまだ自分が持っていない属性をよく見かけるわけだが、そのために未だ見ぬ他のキャラはどんな武器やアビリティ構成なんだろうというのが楽しみで仕方ないのだ。

ただこれも各キャラの1章をこなしているうちだけなので、2章以降はどのように楽しませてくれるのか気になるところだ。

あくまで序盤時点での感想だが、RPG好きなら迷わず購入しても良いと思う。

5月 022018
 
この記事の所要時間: 523

どうも、ソシャゲからはすっかり足を洗ったはずの@kuronamaです。

きららファンタジア

「ゆるキャン△」

内容としてはタイトル通りなんだけど、数ヶ月前に友人のススメで「ゆるキャン△」にハマったんだけど、最近Twitterのフォロワーがきらファンでしまりんの画像を上げてたのを見て「きららファンタジア」始めてみた。
きらファンはきらら系の雑誌で連載されてるキャラが多数出るので好きな人には堪らないソシャゲだ。

リセマラ

ソシャゲといったらやることはまずリセマラ。
ただきらファンはわりと良心的なゲームで初回無料10連を無制限で引き直しできるので、わりと気軽に厳選ができる。
良いキャラが出なくて一旦休憩してタイトル画面からになっても、ちゃんとすぐに10連が表示されるのでありがたい。
このように厳選が楽だからこそ可能であれば最高レアの★5キャラ2人以上は狙いたいところ。
実際やってみると★5キャラは確率2%にしてはそこそこ出てくれるので、2人狙いも1〜2時間くらい粘れば出るくらいだと思う。
ちなみに自分は最初2人出たときは原作をよく知らないキャラが混じってたのでスルーして引き直したらすぐに以下が出て2時間かからないくらいで本編を始めることができた。

image

初心者色々

とりあえず開始してすぐにコラボイベントに参加しようとしても、イベント報酬の★4しまりんを入手するのはムリなのでミッションをこなしながらキャラを強化していくことになる。
いくつかシステムがあるが、とりあえず拠点に適当に施設を置いておくと金やら武器素材が手に入る。
後発優遇なのか最初からそれなりの金を持ってて、イベントを始めると更に金が増えるので金に関してはあまりケチケチしなくて良さそう。
ただ施設を建てる際に消費するきららポイントは、入居者として登録された手持ちのキャラが時間ごとに各施設に現れたときか、イベント報酬でもらえるかとわりと入手手段が限られてるっぽいので多少計画的に使った方が良さそう。
とりあえず自分はコイン生産所・武器素材生産所を4つずつ建ててあとは適当に訓練所を建ててみた、ただ今のところあまり武器強化などしていないし金にも困ってないのであまり恩恵は無い。

戦闘については石と武器の無いグラブルと思って貰っていいと思う。
方々から石を投げられそうな表現だが、さほど間違ってないと思うしなにより分かり易い。
武器はあるが特殊な装備の仕方のグラブルと違い、こちらは1キャラにつき1つだけ装備することができる。
ただ武器毎にコストがかかるので、コスト上限の低い序盤にレア度の高いキャラを入れてたりすると武器を装備する余裕がなかったりする。
ランク20を超えた辺りでわりとコストに余裕が出てくるので、それまではムリに武器を装備しなくても良いかも?
ただ武器の恩恵はパラメータのアップと、キャラ固有のクラススキルとは別に武器スキルが使えることで、特に魔法使いなんかだと全体攻撃スキルがあったりするのでありがたいというのがある。
まぁとりあえずグラブルと同じく属性相性が強いので、可能な限り敵の有利属性のキャラを使うのを心がければわりといけるんじゃないだろうか。
あと経験値が入手できる属性種が入手できたらお気に入りのキャラにこまめに使うと良い、自分も知らない間に結構な数持ってて一気にレベルを上げることができた。

とりあえずパーティの補強のためにもミッションをこなして、ガチャを回すための星彩石を入手しよう。
メインクエストをこなしてランクを上げたり、武器を作成・強化したり、施設を建てたりしてればある程度入手できるはず。

ガチャ

ある程度石が貯まったらいきなりガチャを引かずに、まず商店街のトレードショップで石100個とガチャチケ10枚を交換する、10連と違い★4以上の保証は無いが通常は10連引くのに石が400個必要なので破格の安さだ。
この交換が終わった後は10連分の石が貯まったら随時ガチャを引けばOK、5/2現在で「魔法使い限定」と「ゆるキャンピックアップ」の2種類のガチャがあるが引くのは当然後者。

image

ゆるキャンキャラを今回のイベントで組み込むとイベント報酬が少し増えるので、なるべく多くのゆるキャンキャラが欲しいところ。

ちなみに自分の場合は最初の10連でいきなり★5しまりんを引いてしまった。

image

その後、デイリー回すのに2900円分の石は買ったものの、それにほとんど手を付けることなくミッションなどの無償で手に入る石でゆるキャン△キャラ全員集まってしまった。

image

正直かなり運が良い方だと思うが、結構無償で手に入る石自体多いので(50連くらいはいける?)、課金なしでも何人か入手は可能なのではないだろうか。

「ゆるキャン△」イベントへ

そんな感じで進めていって自分の場合はメインシナリオ2章20節辺りから本格的にイベント参戦した。
だいたいキャラレベルで30前後というところ。
イベントを一通り最後まで見たら、マップの各場所ごとに単一属性の敵がいるのがわかる。
この中の風属性の敵を狩っていくのが良い、自分の場合は以下のような構成でやっている。

image

部長は実質お飾りで別にここはなでしこでもイヌ子さんでも良い。
敵を倒すのはしまりん(風魔法使い)と青葉(火魔法使い)の全体攻撃なので、3戦目になったらしまりんか青葉のとっておきをぶっ放せば終了だ。
ちなみに風属性の敵を選ぶ理由はここをクリアすると報酬として風属性の種が貰えるからだ。
イベントミッションとしてイベントで入手できる★4しまりんを進化させたりLv70まで上げたりというのがあるので、風属性の種はいくつあっても足りない。
★4しまりんの上限強化や進化素材に関してはイベントで松ぼっくりを集めて、ひたすら箱を開けまくるのが良い。
一応箱の中に魔法使いのつぼみや果実などが入っているのでなんとかなるはず。(実際なんとかなった)
image
image

そんな感じで無事★4しまりんの進化が終わり、現在はLv65。
イベントはあと4日あるのでLv70までは余裕だろう。
image

まとめ

ここまでで始めて3日くらいで到達したが、基本的にスタミナ回復アイテムは使わずに自然回復でやってたので、無償で手に入るスタミナ回復アイテムを使って時短すれば1〜2日でいけると思う。
「ゆるキャン△」好きな方はきらファンにも手を出してみてはいかがだろうか、ソシャゲではあるがイベントなどわりと緩めなので空き時間にプレイするくらいでも充分楽しめると思う。