11月 182015
 
この記事の所要時間: 957

どうも、冬は愛車の車高の低さと足回りの弱さに悩まされてる@kuronamaです。

雪国の雪対策

今年も残るところあと2ヶ月となり、雪の降るシーズンが目前となってきた。
自分が現在住んでいる新潟県は縦に長いため降雪量については地域毎にだいぶ異なるが、都市部でも毎年除雪車が出動する程度には雪が降る。
基本的によく車が通るバイパスや道路は融雪剤や除雪車のおかげで、雪が降り始めてから少し経てばそれほど悩まされずには済む。ただ契約駐車場などの中では除雪対策が不十分なところがあったり、足回りの弱い車が雪の上に乗っかってしまい身動きが取れなくなってしまうことなど珍しく無い。

そこで大抵のドライバーは冬の備えとして車にスコップを積んでいる。
自分も去年までは普通の除雪スコップ(スコップの先が平ら)を使っていたのだが、如何せん愛車のコペンの車内が狭すぎて普通サイズのスコップを入れてしまうと荷物の出し入れに支障を来していた。
というわけでAmazonで使用しないときはコンパクトになる除雪スコップを探してみた。

アルミ製伸縮式除雪スコップ

個人的な要件としては以下だ。

  1. ある程度コンパクトになる
  2. ほどほどに軽い
  3. できれば金属製
  4. 取り扱いが簡単

探し始めて最初に目に付いたのがこちらの商品。


値段も高くなく一通りの要件は満たしているように思う。
一点残念なところは材質がプラスチックなところ。先がメタル加工してあるのでそう簡単には壊れないと思うが、やはり金属製に比べると耐久性で劣るだろう。

次に目に付いたのがこちら。


こちらも小さくなるため良さそうではあるが、材質を見ると「皿部 ポリプロピレン」と書いてあるのでプラスチック製だ。前述の商品と同じく先端がメタル加工してあるものの、やはり耐久面では不安が残る。
伸ばしたときの長さも67cmと少し短い気がする。短すぎると体勢を低くしなければいけないため身体が余計疲れるのであまりよろしくない。

こちらの商品は全長93cmとなかなか長い。


だが柄などが3パーツバラバラになる方式なので、例えばいざ使おうと思ったら真ん中のパーツだけどこかに行ってしまい使えないなんてこともあるかも?
あとプラスチック製且つ先端がメタル加工してないのですぐ壊れそう。

で、結局行き着いたのがこちらの商品だ。


前述の幾つかのスコップと同じように重量は500gとかなり軽い。
具体的に書くと初代iPad Air(469g)と同じくくらいの重さ。


今話題のiPad Pro(713g)と比べると相当軽い。
また皿部がアルミ製であるため前述の商品と比べて耐久面で信頼できる。
長さは77cmと若干短い気がするが、本体がカーブしており雪を掬い易いよう工夫されていることを考えると目をつぶってもいいかな。
取り扱いも伸縮式なために簡単だし、パーツがバラバラになる心配も無い。
価格も他と比べて安くは無いが、耐久性に優れてそうなので妥当だと思う。

触ってみた

というわけで早速注文して届いたので一通り触ってみた。
残念ながら?まだ雪が降っていないため本番レビューはできなかったが。

開封したところ、かなりコンパクト。
柄の部分がカーブしているはずだが、上手く収めているようで厚みもそれほど無い。

image

最大まで伸ばしたところ、思ったよりも長くなる。
だがやはりかなり軽い、新潟の雪は水分を含んで重いのでスコップ自体が軽めだとかなり助かる。

image

少し変わった鋤モード。
皿部を取り外して、柄の部分に取り付けるとこうなる。
あまり使う機会は無いと思うが、雪の中に落とし物したときとかに役立つ?

image

説明書、見なくても直感的に扱えるが必要充分な説明書きに好感が持てる。

image

唯一の難点はバーコードのシールが剥がれにくいことくらいかなw

image

もう少し書くと、伸縮は柄に空いた穴とボタンの出っ張りで固定するタイプなため若干のガタつきはある。
だが普段使いではなく、あくまで緊急時の車載用なのでこれで充分だと思う。
金属製で耐久面に優れるため車内に何年も放置してもいざとなったときに活躍できるはずなので、本来の用途は充分こなしてくれるはずだ。
普段使い用ではなくあくまで車載用、緊急用という商品自体のコンセプトの通り扱うならばかなり良い商品だと思う。

まとめ

べた褒めしたけど別に業者から金とか貰ってないよw
ただ記事にも書いた通りに幾つか比較検討した結果購入してみて、自分の要望をかなえてくれる商品だったから好意的に書いたというだけ。

レビューを見るとやはり連結部のガタつきが気になるという人がいるので、気に入るかどうかは人を選ぶかも。
ただAmazonのレビューで散見されたのが登山時などに持って行く用途で購入している人。商品のハコにもハッキリと「車載用」と明記してあるので、商品の本来のコンセプトを無視して低評価付けるのは如何なものかと思う。
登山用品が高額なのは身内に登山歴数十年のベテランがいるから嫌ってほど分かるけど、登山用品(特に冬山用ともなれば)は時に命を左右するものなので今回紹介した製品とは精度や耐久性からして全くの別物だろう。
命に関わる類の登山用品をケチるくらいなら最初から登山なんかしなきゃいいと思う、道具を数千円ケチったばかりに命に関わる自体になった時に本人はどう思うんだろうね。

大幅に脱線したが本来の車載用・緊急用の用途としては充分な製品だと思う。
まだ本番の除雪では使っていないので正当な評価は下せていないが、コンパクトさと耐久性は充分だと思うので車の中に1個放り込んでおいても良いと思う。

10月 312015
 
この記事の所要時間: 43

どうも、某ゲームのログインボーナス経由でグラブル始めたらそっちの方がすっかり本業になってしまった@kuronamaです。

グランブルーファンタジー

9月中頃に始めたんだけど、国家試験やらゲームの方が忙しくて全然記事にできてなかったのでここらで簡単に現在の進捗をまとめておく。
ちなみに最初に書いておくと課金額はそれなり。9月はサプチケやらレジェフェスなどもあったので通常のSSR3%という確率よりは多めに出てるとは思うが。後述の画像でなんとなくその辺察して貰えれば。

キャラ

とりあえずSSRだけ。

スクリーンショット 2015-10-31 12.16.44

スクリーンショット 2015-10-31 12.16.59

手持ちのSSRだけ属性別に書き出すとこんな感じ。
○○確率UP時などを利用してとりあえず全属性SSR3人以上を目指して回してたんだけど、つい先日の最終解放キャラ・武器確率UPでようやくシャルロッテが来てくれてようやく目標達成できた。

火:ユエル、アニラ、アギエルバ、ゼタ、ガンダゴウザ
水:シャルロッテ、ソシエ、カタリナ(リミテッド)
風:ネツァワルピリ、レナ、クリスティーナ、カルメリーナ
土:サラ、アルルメイヤ、ジークフリート
光:ジャンヌダルク、アーミラ、セルエル
闇:カリオストロ(ハロウィン)、ヴァンピィ、バザラガ、サルナーン

ただこのゲームって最初はキャラ(が強ければなんとかなる)ゲーに感じて、実際序盤は回復や全体攻撃持ちなどがいると非常にスムーズに進むんだけど、結局は武器ゲーなんだよね…。
まぁその武器も課金で集めるんじゃなく時間をかけて集める類なのでわりと交換が持てるバランスだけど。

ちなみに手持ちのこの辺のキャラは性能もさることながら中の人も素晴らしいのでお気に入り。


SSRが出ない?出るまで回すんだよ!

A photo posted by @kuronama on

召喚石

武器はちょっと数が多すぎるので割愛。簡単に書くと古戦場武器1個3凸済み、2個目は結局1凸止まりでスキルレベルだけ上げた。方陣攻刃はSR育成中でまだ全然育ってない。
召喚石もまだまだで特に土と闇は30%以下なので目も当てられない…。一応11月に人気投票ガチャがあるので、その時にバハムートでも来ないかなぁとお祈りしてるところ…。

スクリーンショット 2015-10-31 12.19.27

ジョブ

習得済みの最上位ジョブはウェポンマスター・ビショップ・ハーミット・ダークフェンサー・サイドワインダー。
ホークアイが今Lv15なんで600万人キャンペーン中に上げきりたいところ。
ボーナスはこんな感じ。

https://farm1.staticflickr.com/682/22612120432_33e9f12a89.jpg

その他

戦力は古戦場武器を育成した関係で多分光パーティが一番強くてこんな感じ。ただ前述通り方陣攻刃全然育ってないのでまだまだ弱い…。

スクリーンショット 2015-10-31 12.16.22

ストーリーは600万人記念キャンペーンでシルベル狙うためにガロンゾ途中まで進めた。
シルベルは100周くらいしたら出てくれた。

スクリーンショット 2015-10-31 12.19.57

カジノは攻略wikiにあるのとだいたい同じ手順で、50万くらいまではポーカー、そこから10人部屋ビンゴ5000賭け、100万くらい貯まったら1万賭け、300万くらいまで貯まったら20人ビンゴ10万賭けと進めていった。
ただなんていうか…、超絶運が良くて20人部屋に進出したその日のうちにスーパービンゴが2回当たって早々にカジノから卒業することができてしまった…。

まとめ

以前から気になっていたんだけどソシャゲというだけで食わず嫌いしてたのが本当に勿体ないゲームだった。
オーソドックスなターン制のゲームなんだけど、そのターンシステムを上手く活用している。ちょっと古い動画なんだけど戦闘はこんな感じ。


とりあえずキャラはそこそこ集まってきたので、今後は石狙いでほどほどに課金していきたいと思う。