11月 142007
 

10日に購入してその日は夜勤だったんで説明書だけ読んでwktkしまくって、翌11日に夜勤明けにも関わらず10時間ほどプレイしました無双5。
難易度普通でやってるんでまだ無双モード5キャラしかクリアしてないけど、とりあえず新システムや今のとこの感想などを少し。
新システムについて
 ■スキルシステム
  武将ごとにレベルがありレベルアップに伴い各パラメータも上昇するのは変わりませんが、今作はそれに加えてレベルアップに伴いスキルポイントが加算されます。
  以前のように装備品でスキルを付加するものから、今回は各武将ごとにスキルポイントを使いスキルを覚えていく形式になってます。
  スキルを覚える際は各武将ごとにFF10のスフィア盤の簡易版みたいなのを使ってスキルを覚えていきます。
  パラメータアップの箇所なんかもあるんでこれによる武将のパワーアップもできます。
  ちなみに覚えられるスキルは武将ごとに決まってるんで、今回はより武将の個性が感じられるシステムになってると思います。
  ちなみに逆を言えば武将を最初から育てるときは、前回のように装備品でのドーピングができないのでほぼ1から育てなければいけないとこがちょっと面倒。
 ■連舞システム
  敵に攻撃を当てるとHit数が加算されていって50Hit?ごとに画面左下の連舞ゲージが1増える。
  連舞ゲージが5?貯まると連舞ランクが1上がる。
  連舞ランクは1・2・3・∞となっていて、後述の「力」タイプ武器で∞になると通常攻撃のコンボの最後の方で属性攻撃を連発したりして凶悪。
  氷属性武器なんか持ってると運がよければ氷漬けのまま武将を屠れたりします。
  Hit数は一定時間攻撃しないと0に戻り、連舞ゲージも一定時間ごとに減少していきます。
  なので普通は戦場を移るときに連舞ゲージが減っちゃうんですが、これは騎乗馬の特殊能力『連舞維持』があれば馬に乗ってる間は連舞ゲージの減少が抑えられます。
  前作と比べ馬の行動範囲が広がってるので(馬に乗りながら川も泳げる)、今まで以上に馬の利用価値が高いです。
  これに関連して武器に「技」、「力」、「標準」の3タイプができた。
  「技」は連舞ランクが上がった際に連攻撃(今までの弱攻撃)の攻撃スピードが速くなる。
  「力」は連舞ランクが上がった際に連攻撃が強攻撃のように強くなる。
  「標準」は連舞ランクが上がった際に連攻撃の範囲が広がる。
 ■特殊技
  それぞれ武将ごとに特殊技が用意されてる。
  足が速くなって走りながら攻撃できるようになる「神速」や、プレイヤーを中心に火柱が上がる「火計」など。
  単純な攻撃手段以上にスキルを付与することで特殊技発動中に敵武将の能力を下げたり、倒した際に武勲アップアイテムが出やすくなる(?)等の特徴もある。
 ■戦功目標システム
  各ステージに3つづつ戦功目標?とかいうのが定められてます。
  これを達成するとその場で経験値が加算され、レベルアップもします。
  またボーナスとして戦闘終了後に武器がもらえたりもします。
  内容に関しては三国志あんまり詳しくないんでわかんないですが、おそらく史実云々よりはゲームとして楽しむ向けな内容な感じ。
  例えば特定拠点2箇所をゲーム開始後10分以内に落とせとか、プレイヤーの体力60%を維持しながらクリアせよとかそんなん。
  達成したときのメリットがそれなりなんでできるだけ達成を目標としてプレイしてますが、これのおかげで従来のただクリアするだけってのよりはちょっと楽しめてる気がします。
  全戦功目標達成でオマケとかあるとまた面白そうだけど。
 ■移動可能部分の追加
  今までは川は浅瀬以外は通れなかったんだけど、今作は泳いで渡れます。
  その代わり上陸できるのはある程度決まってるんで、川を泳ぐときはマップで上陸ポイントを要確認。
  あとだいたいの高い場所からの飛び降りができるようになってます。
  場所によっては囲いがあって飛び越えられないようになってるけど、そういうところ以外ならおkです。
 ■包囲戦
  たまに雑魚どもが周りをぐるりと囲み、武将と1対1で戦う状態になることがあります。
  こうなると敵武将と邪魔無しで戦えるんだけど相手の能力が上がるらしいんでちょっと面倒。
 ■功城戦
  普通の拠点の門は通常攻撃で壊せるけど虎牢関とかの門は通常攻撃ではほぼ壊せないようになっている。
  これを攻略するにはまず門の辺りに味方工作員を誘導し、壁にハシゴをかけてもらう。
  ハシゴから城壁に上りだいたい設置してある弩砲を壊してあげるとそのうち味方が勝手に門を破壊してくれます。
 ■無双モード
  今まで全武将に対し無双モードがあったが、今作は全武将の3分の1くらいしか用意されてない。
  あと前作に比べると武将が何人か削られている。
  まぁ正直今までが多すぎたんで改悪とは言わないけどちょっと寂しい。
感想
 色々とシステムが変更・追加されてるけど実際やってみると今までとそんなに変わらない感じ。
 連舞システムなんかはなかなか楽しいので次回も希望。
 あとちょっと弓キャラ(月英)使ってみたんだけど普通の武将と違って楽しかった。
 ホントに遠距離武器といった感じで、ガードが出来ない雑魚を狩るのがすごく楽。
 あと武器のリニューアルに関してだけど色々変わってるぽい。
 テンイが斧から鎖鉄球になってたり、孫策がトンファーから槍になってたり、惇兄が剣から棍棒になってたり。
今回孟獲様いないみたいだから拳キャラいないのかな?ちょっと残念。
 無双モードの削減とは別にいいんだけど、護衛兵育成とかエディットキャラ作成ができれば文句無しだったなぁ。

「2007年11月14日の戯言」の続きを読む