9月 082008
 
この記事の所要時間: 127

フライト・プランが制作する新たな『シャイニング・フォース』シリーズ 『シャイニング・フォース フェザー』

個人的にキャラデザがヤバいw

『いとうのいぢ』は言うまでもなくハルヒの挿絵とかエロゲの伊東雑音さんだけど、もう一人の『シャイニング・フォース イクサ』のキャラデザやってた『pako』さんも大好きな絵師さんの一人。

イクサ以外だとラノベのレンタルマギカの挿絵書いてたりします。

あ~、楽しみだ~!

しかしそれにしてもキャラデザだけでも(個人的に)これだけ豪華なスタッフを使ってるのに何故DSなのか!

たしかに今一番売れているハードはDSだろうけど、キャラデザを十分に生かした演出ができるとは思えない。

せめてPS2、できれば箱○やPS3で出してほしかった…つд`;)

仮にPS3で発売するなら躊躇せずハードごと買いますよ!

文句ばっか言っても仕方ないので開発会社について書いてみる。

開発会社であるフライト・プランが主に手がけたゲームは以下の通り。

・同級生if

・同級生2

・サモンナイトシリーズ

・BLACK/MATRIXシリーズ

・ドラゴンシャドウスペル

・ポイズンピンク

見事にシミュレーションばかりですね。

今作もゲーム画面を見ると基本はシミュレーションの様だし。

戦闘画面は右下のボタン設定みたいなのを見る限り、テイルズとかヴァルキリープロファイル1のようなシステムっぽい。

別にシミュレーションが悪いとは言わないけど、シャイニングフォースというとネオ・イクサと続いたあのダメがアホみたいな桁数出るゴチャキャラARPGが面白かったんだけどなぁ…。

続編が出ること自体は嬉しいけど、今までとは全く別方面に行っちゃったんでそこがすごく残念…(´д`;)

8月 022008
 
この記事の所要時間: 310

過去のBlog記事見たらタイトルが年月日表記じゃなくなってた頃のが出てきたんで、そっちに戻しました。

いつの間にか年月日表記に戻ってたw

『パラサイト・イヴ』シリーズの後継作『The 3rd Birthday(ザ・サード・バースデイ)』の最新情報が明らかに

去年、携帯アプリでの開発が決まってユーザの期待を完全に裏切ったパラサイト・イブの続編ですが、めでたくPSPでの開発が決定しました。

発売予定は2009年なんでまだまだ先だけどとりあずまともなハードで出てくれることになって嬉しいです。

個人的にはPS3or箱○で出してくれればと思ってたんですが、DSはともかくPSPならハードスペック的にも不足は無いんで満足です。

日本一ソフトウェアのADV インフィニットループ

確か先週発売されたPSPのADVです。

メーカーがメーカーだけあって、普通のADVではなくなかなか面白いシステムが盛り込まれてます。

・シナリオループ…特定日時に起きる事象を解決できないと初日に戻る、でもストーリー移動機能があるので苦痛にはならない。

・憑依システム…主人公は霊で、生きている人間に憑依しながら情報を集める。憑依している人間と話している相手に乗り移ることもできる。

・夢システム…収集したキーワードを夜に憑依対象に与えると夢を見せることができる。夢によっては憑依対象の行動が変化する。

・死神…主人公と同じく登場人物にランダム?で憑依している、死神に憑かれている対象と1テキスト話すたびにHPが減り0になると初日に戻る。HPは日数経過により回復する模様。

と、たぶん今までにないタイプのADVなんではないかと思います。

純粋なADVとしての質も高く、全編フルボイスです。

人によっては某PSPよりよっぽど楽しめるかもしれません。

体験版も配布してるんでPSP持ってる方はおためしあれ。





箱○版ソウルキャリバーⅣ

7/31発売だったんだけど仕事だったんで翌8/1の夜勤明けに探しに行きました。

ところが全然売ってない…つд`;)

同日発売だったPS3版やファンタシースターポータブルなんかはそこそこ売ってるのに、これだけはどこも売り切れでした。

結局8店舗目で発見めでたく購入できましたが、過去最大級(PS2ネギま、世界樹の迷宮)の売って無さでした。

近所のゲーム屋に以前聞いたんだけど、やっぱり箱○のゲームはPS3に比べると仕入れにも慎重になるらしいです。

とりあえずデフォで出ているキャラのストーリーをクリアしました。

元々よくできてるゲームなんで特筆すべき難点とかは無いです。

ただ個人的に体力ゲージの減りがゆっくりな気がしたんだけど、たぶん昨今の格ゲーのバランス方がおかしいんでしょうね。

PS3版ではダースベイダー・箱○版ではヨーダがゲストキャラとして追加されてるんでヨーダ使ってみました。

背が低いので横斬りが当たらない代わりに、攻撃を当てるときにはジャンプしますw



あとこのシリーズの売りと言えばキャラ自作。

今回も結構細かく作れます。

ボイスパターンもいくつかあり高低も変えられます。

モーションなんかはデフォルトキャラのものになるけど、武器買ったりスキル付けたりすればかなりオリジナリティが出せると思います。