7月 292018
 
この記事の所要時間: 1257

どうも、ゆっくりオクトパストラベラーをプレイ中の@kuronamaです。

プレイログ

これを見て誰が得するのか分からないけど、自分のプレイログを晒してみる。

プリムロゼで開始して最初の仲間のアーフェンまでは体験版でプレイしていたためログを残して無くて、2人目の仲間のテリオンからは製品版でのプレイとなったためログを付け始めた。


1章

  1. テリオン1章
    1. 下層で「反逆の〜」武器を住民から盗んだけど、これあとで何かに影響しないのかな…?
      あとでサブイベントのクリアに必要だった
    2. ボルダーフォールで売ってる黒装束&察知のピアスでプリムロゼさんの回避を150超にした
    3. 番犬から聞き出すで拾える「身かわし盾」装備させたら回避が220に
    4. テリオンのSPスティール系は後半向けと判断して、アビ習得は物攻ダウンのコウモリにした
    5. 館内で手に入る「はやての服」は足の遅いアーフェンに装備させた、ただアーフェンが盗んだあとにブレイクしたままの敵を倒したいならテリオンに装備させるのが良さそう
    6. ボスはガードが堅い上に集中からの「一閃」が全体攻撃なので、集中し始めたら一気にブレイクさせるか防御すると良い。回避220あると一閃も回避する。
  2. シ・ワルキへ
    1. 森に入ったらすぐに東に進むと「獣道」に入るが、雑魚として出てくるイノシシが異常に強く、一撃で700くらい喰らうので、北側に迂回して「森道」を通ること
    2. シ・ワルキでは全体回復のための「薬の素材(拡散)」が100で売ってるので必要に応じて買っておく
    3. 各キャラの1章を始めるとその街の関係性が良好になるようなので、始める前に一通り盗んでおくと良さそう
  3. ハンイット1章
    1. 捕獲した獣は指定回数使用すると自然に帰っていく、ブレイク・体力低下・状態異常・弱点の開示等で捕獲確率は上がる模様
    2. 連れて歩ける獣は最大6匹、7匹目を捕獲すると1匹を自然に帰す選択肢が出る
    3. けしかけるの相手の強さは3くらいでレベル7くらいと回復方法があれば充分
    4. ボスの通常攻撃が複数回150ダメージなので非常に強い、弱点は剣・弓・氷・雷・光
    5. テリオン・ハンイットのブーストで敵をブレイクさせて、アーフェンやプリムロゼのブースト魔法で攻撃
    6. ダメージを喰らったらアーフェンの調合で薬の素材(拡散)+ブドウの樹液で全体800回復する
    7. 「反撃の機会を窺っている」の時に物理攻撃をすると300×2回くらいのカウンターを喰らう
    8. 「跳躍の姿勢」で全体に300以上のダメージ
    9. アーフェンの聞き出すで万屋に「ハヤブサの装束」が追加される、回避+82だが値段が8160もする
  4. コブルストンへ
    1. サンシェイドから歩く
    2. 外にいるカミツキアリからプラムの樹液(SP回復の元)盗めたり拾える
    3. 道中にある「砂笛の洞窟」は危険度が高いので侵入しないこと
    4. 山のオオハヤブサからザクロの樹液(BP回復の元)
  5. オルベリク1章(Lv13/AVG39)
    1. 洞窟に入って真っ直ぐ上に行った先の下に見える宝箱は、右手の松明の右側から行ける
    2. ボス戦前にオルベリクに千本槍を習得させる
    3. ボス戦、ボスの弱点(槍・短剣・?・氷・?)、雑魚の弱点(剣・斧・?・?・闇)
    4. オルベリクの横一文字などの全体攻撃で雑魚をブレイクさせて素早く倒す
    5. 物理防御が高めなようなので雑魚に対してはプリムロゼの全体闇、ボスに対してはアーフェンの氷魔法が有効、ブレイクさせるまではプリムロゼ・アーフェンのブーストを溜めておく
    6. 雑魚を倒したら千本槍ほぼ一発でボスからスタンを取れるようになる
    7. ボスの「大きく振りかぶった」で強撃、
    8. ボスたまに全体200程度の横一文字切り
    9. 雑魚の振り回すの全体100が地味に痛い
    10. ボスから盗むで「全体回復のブドウ」
  6. リプルタイドへ(Lv14/14/13/9)
    1. 道中のストーンガードへの標識の右上にある「無垢の洞窟」は危険度LV15と高め
  7. トレサ1章(LV15/14/13/1)
    1. トレサの両親が良いアクセサリーを持ってる、盗めないのでお金に余裕があれば買い取るといい
    2. トレサに大風よびを習得させるとボスが多少闘いやすい
    3. ボス戦、マックの弱点(弓・?・炎・風)、ミックの弱点(槍・斧・雷・風)
    4. マックの暴れるが全体に150
    5. ミックの方が倒しやすいのでまずこちらをブレイクさせて一気に倒す
    6. 片方が弱るともう片方が通常攻撃をかばうようになる、トレサの大風よびなどでスタンを狙うといい
    7. 片方を倒すと「よくも相棒を!」で自己強化する
  8. アトラスダムへ(Lv16/15/15/10)
    1. 道中の2つめのマップ北リプルタイド街道の右側砂浜に降りるところの岩の裏にある「波隠れの岩窟」は危険度 LV45
  9. サイラス1章(LV16/16/11/1)
    1. サイラスに予め炎か雷の全体2回を覚えさせておくとボス戦が多少楽になる
    2. ボス戦、ブルーウィスプの弱点(槍・斧・炎・雷)、ラッセルの弱点(剣・短剣・杖・氷・風)
    3. アーフェンの斧全体やサイラスの全体魔法でまずブルーウィスプを倒す
    4. ラッセルの火の粉で全体100程度
  10. フレイムグレースへ(LV17/16/12/8)
    1. 道中の北アトラスダム平原左側にある「夜啼きの森」は危険度 LV15
  11. オフィーリア1章(LV)
    1. オフィーリアに全体回復を覚えさせておくと楽
    2. 洞窟入り口の左の聖火騎士を導くとボスの弱点を突いてくれる
    3. ボス戦、聖火の守護者の弱点(剣・短剣・杖・氷・風)
    4. 「聖火の力が集まる」で全体に200?

  12. 2章

  13. 2章に向けてレベル上げ
    1. まずプリムロゼ2章の舞台のスティルスノウを目指す
    2. アトラスダムからノーブルコート経由で向かう
    3. 西ノーブルコート平原の危険度はLv18/17
    4. 道中の虚無の玉座はLV18/25
    5. どうもこちらだとウィスパーミルの方に行ってしまうのでシ・ワルキ経由で再探索
    6. アーフェン兄貴の武器がスペルハチェットだと弱い気がしてくる
    7. 途中の行商狩人からシ・ワルキのサブイベで使う「大牙猪の牙」を盗むか買取(860)できる
    8. 残念ながらこちらも違うようなのでシ・ワルキからヴィクターホロウ経由で
    9. 東ヴィクターホロウ森道の危険度はLv19/21
    10. 道はこちらで合ってたようで、看板にスティルスノウの表記あり、とりあえず先にヴィクターホロウへ向かう
    11. 看板からちょっと北に進み東の方に入ると祠で「狩人」のバトルジョブが手に入る
    12. ヴィクターホロウの闘技場前の女からマギアナイフを買取、買取だと店で購入するより少し安く、運が良いと値引きできる
    13. 西スティルスノウ雪道の危険度はLv20/20
    14. 西スティルスノウ雪道の道中で「聖火神の祠」にて「神官」のバトルジョブが手に入る
    15. 西ノーブルコート平原の北東「碩学王の祠」にて「学者」のバトルジョブが手に入る
    16. ノーブルコートの道具屋に「秘薬の素材(拡散)」と「劇物の素材(拡散)」が売ってる
    17. ボルダーフォールからクオリークレストを目指す
    18. 南クオリークレスト断崖の危険度はLv21/17
    19. 南クオリークレスト断崖の看板の近くに紫箱あり、左から迂回して開ける
    20. 南クオリークレスト断崖の西、吊り橋の下の「盗公子の祠」で「盗賊」のバトルジョブが手に入る
    21. クリアブルックからセントブリッジを目指す
    22. 東セントブリッジ川道の危険度はLv21/20
    23. 東セントブリッジ川道の看板から東の「霊薬公の祠」で「薬師」のバトルジョブが手に入る
    24. コブルストンからストーンガードを目指す
    25. 北コブルストン山道入ってすぐ下の宝箱から更に左下に紫箱
    26. 北ストーンガード山道の危険度は21/17
    27. 北ストーンガード山道に入って東に進んですぐ西に降りると「雷剣将の祠」があり「剣士」のバトルジョブが手に入る
    28. サンシェイドから南を目指す
    29. 北ウェルスプリング砂道の危険度が21/31と高めなので、エンカウント半減付けてバトルジョブだけ取りに行く
    30. マップを見ながら北ウェルスプリングに入って西に進むと「舞踏姫の祠」があり「踊子」のバトルジョブ入手
    31. ストーンガードからゴールドショアを目指す
    32. 月隠れの街道の危険度は21/23
    33. 月隠れの街道に入って北西に「紳商伯の祠」があり「商人」のバトルジョブを入手
    34. これでバトルジョブを全て習得、プリムロゼ(学者)・テリオン(狩人)・オルベリク(薬師)・サイラス(神官)で行く
    35. 砂笛の洞窟に行くが特に何も無し
    36. プリムロゼ(学者)・サイラス(神官)・テリオン(商人)・ゲスト(狩人)に変更
  14. プリムロゼ2章(24/21/19/11)
    1. 黒曜館入り口左側に紫箱
    2. 黒曜館への隠し道の危険度 LV24/21
    3. セーブポイントから橋を渡ってそのまま右下に進むと紫箱
    4. ボス戦、黒曜館構成員(・氷・風)、左腕の男ルフス(槍・杖・雷・光)
    5. ルフスから盗むでHP/SPジャム、もっと盗むありで6400集金
    6. ルフスのまわしげりで全体350
    7. ルフスの「精神を統一」から?
  15. テリオン2章
    1. ボス戦、オルリックは最初は雑魚に守られているので雑魚から倒す
    2. オルリックの弱点(槍・短剣・斧・風・光)、オルリック配下兵の弱点(・闇)、魔導機兵(短剣・弓・炎・風)
    3. 雑魚が倒されたあとに一度だけ魔導機兵を出す
    4. 単体800や全体500などなかなか火力が高い
  16. トレサ2章(LV28,27,26,22)
    1. ボス戦、雑魚の弱点(剣・〜・雷・風)、オマールの弱点(槍・短剣・杖・氷・光)でHPは3万ほど
    2. オマールの「報酬分は働こう」
    3. オマールの「防御を固めた」でシールドが5から7に上昇
    4. オマールの横薙ぎで全体350くらい
  17. オフィーリア2章
    1. その前に強化のために強い弓を探す
    2. ストーンガード下町の入り口にいる男からシャドウボウが65%で盗める、攻撃力はそこそこだが命中が上がるので複数回スキルが当てやすくなりそう
    3. 禁断の弓を購入、エンカウント半減と併用してみる
    4. 暗がりの森への道の危険度はLV28/20
    5. 暗がりの森の危険度はLV29/23
    6. 暗がりの森の北東に紫箱あり(混乱耐性ストーン)
    7. フローズトヴィトニルの弱点(剣・槍・氷・雷・光)、HPは34000
    8. 「気が立っている」で獣の爪、全体300
    9. スタンさせる毎に「警戒している」でシールドが2ずつ上昇
    10. 「怒り狂った」で夜鳴き、全体に恐怖でブーストできなくなる
  18. サイラス2章(31,30,29,21)
    1. 下水道入って南西に紫箱あり(スナイプセイバー)
    2. ボス部屋手前の左の宝箱は、セーブポイントから上の通路の突き当たりを左に入る
    3. ボス戦、ギデオンの弱点(剣・短剣・斧・光)、マリオネットボーンズ特殊の弱点(斧・杖・炎・光)
    4. 最初に骸骨2匹を呼んで、ボスに直接攻撃できなくなる
    5. 骸骨のほね投げで100×3
    6. ギデオンの闇出る手で全体600+暗闇
    7. ギデオンの不気味な微笑みで全体物防・魔防ダウン3ターン
  19. アーフェン2章(33,32,31,21)
    1. 青碧の洞窟への道の危険度はLV33/23
    2. 青碧の洞窟の危険度はLV33/24
    3. セーブポイントから北に紫箱あり(ハヤブサの装束)
    4. 2つめのセーブポイントの北西、西の隠し通路の先に紫箱あり(ホーンドアーマー)
    5. ボス戦、ヴァネッサの弱点(槍・斧・炎・風・闇)HPは27000、用心棒の弱点(剣・弓・氷・光)
    6. ヴァネッサの調合炸裂薬で全体500
    7. 復活薬で1回だけ用心棒を復活させる
    8. 増強薬で全体に物功アップ
  20. ハンイット2章(34,34,33,12)
    1. ハンイットでけしかけて兵士と闘うときにかなり強いので注意、弱点は(槍・短剣・?)
    2. 幻影の森への道の危険度はLV34/26
    3. 擬態魔物の弱点(剣・?・斧・?・?)、山のラットキンを捕獲しておくといい
    4. 幻影の森の危険度はLV36/27、炎弱点の雑魚が多い
    5. 南西に紫箱あり(火のアミュレット)
    6. ボス戦、森の主の弱点(剣・斧・炎・光)、HP43000、ゆれうごく樹木の弱点(炎)
    7. 最初にゆれうごく樹木を2体召喚する
    8. スタン明け?の命喰いで一人のHPを1にしてシールド+1、弱点が変化する
    9. 「森がざわついている」の効果不明
  21. オルベリク2章(37,36,36,25)
    1. オルベリクで何回か決闘を行うことになるが、相手を「探る」などすると事前に弱点が分かる
    2. 3戦目の海賊はパーティバトルになる
    3. ビクトリノの弱点(剣・短剣・風・闇)HP12000、ビクトリノの手下の弱点(剣・短剣・雷・闇)
    4. ジョシュアの弱点(斧・杖・火・光)、剣闘士(美形)の弱点(短剣・弓・火・風)
    5. 本戦は1戦終わる毎に体力が全快する
    6. アーチボルトの弱点(剣・弓・氷・闇)、剣闘士(仮面)の弱点(斧・杖・炎・光)
    7. グスタフの弱点(槍・斧・弓・炎・闇)HP40000、盾闘士の弱点(剣・杖・氷・風)
    8. グスタフの横一文字切りで全体500
  22. 3章に向けて洞窟探索
    1. リバーランド地方の双子滝を目指す
      1. 入って左手の宝箱辺りから先に進むと「強い気配〜」と出るので先に進むと「人面蝶」が出る
      2. 人面蝶の弱点(槍・弓・闇)
      3. ウインドストームで全体400
      4. 倒した先の宝箱はジャム、右下の隠し通路の先に金5000
      5. 南東に紫箱あり(理力の杖)
    2. ハイランド地方の無垢の巣窟を目指す
      1. 南東に紫箱あり(命中増強のナッツ)、近くに古い石碑あり
      2. 石碑にコブルストンのノエルを連れていく、古ホルンブルグ文字だがノエルは読めるらしい
    3. フラットランドの夜鳴きの森へ
      1. 特に目立ったボスなどはいないが、池があった
    4. フラットランド地方の虚無の玉座へ
      1. 入り口から左手に進み右の階段の先に紫箱あり(銀の斧)
      2. 最奥の玉座に近づくと警告が出て更に進むとボス戦
      3. ボス、玉座の守り手の弱点(剣・短剣・杖・氷・風)
      4. オーバークロックで全能力を強化してくる
      5. 玉座には特に何も無し
    5. ウェルスプリングへ
      1. 途中に「怪我した偵察兵」からヘビ使いの話が聞ける
    6. シ・ワルキから獣道へ
      1. 獣道の危険度41/15
      2. 紫箱は右側から回り込む(ウォーランス)
      3. 右手奥に滝の広場はあるが特に何も無し
      4. はぐれメタルみたいなヤツは魔法でも倒せる
    7. フレームグレースから氷の洞窟へ
      1. 紫箱あり(ソウルハチェット)
      2. 奥のセーブポイントの先で警告があり、先に進むと氷の巨人ヨトゥンが出てくる
      3. 氷の巨人ヨトゥンの弱点(剣・斧・炎・雷)
      4. スタンから回復すると硬度を増し、シールドが+2される
      5. 倒すと角を落とすのでフレイムグレースに持って行く
    8. クオリークレストから朽ちた採掘場へ
      1. 紫箱あり(気絶耐性ストーン)
      2. 最奥で警告、先に進むとデッドモウルが出てくる
      3. デッドモウルの弱点(剣・斧・炎)
      4. 奥で「暴力の剣」入手
    9. セントブリッジから果ての河岸へ
      1. 不審な男がいる、「フーゴの手帳」を持っているのでテリオンがいると良い
      2. 紫箱は左手から回り込む(30000)
      3. 紫箱がもう一つ(混乱耐性ストーン)
      4. 奥に広場があるが特に何も無し
    10. ゴールドショアから船食みの穴へ
      1. 紫箱あり(ヘッジホッグスピア)
      2. がいこつから集金で3300
      3. ゴールドショアで卵を手に入れていると?2つめのセーブポイントの先で警告、先に進むとボス戦
      4. 海獣の弱点(槍・弓・炎・雷・風)HP…55000、青ウニ(雷)、赤ウニ(炎)
      5. 最初にウニ2匹を召喚して、ボス自体はブロック
      6. 海獣のしめつけで一人が700程度のダメージと3ターン気絶
      7. ボス自体3回行動
      8. 触手連打で500ダメージ×3
      9. 青ウニの毒針連打も450ダメージ×3程度でわりと痛い
      10. まずコウモリで海獣の攻撃力を下げる
      11. 青ウニのシールド値が低いので全体雷でスタンを取る
      12. その後赤ウニを全体炎でスタン、この2体を迅速に葬る
      13. 海獣が無防備になったらこちらの耐性を整えるためにひとまずスタンを取る
      14. スタンから回復すると耐性を整え、シールド値が+2


まとめ

ちょっと画像も付けてみたが、googleフォトに上げたため記事に載せるのが面倒だったので少なめになってしまった…。
また4章くらいまで終わったらまとめて記事にしたいと思う。

7月 132018
 
この記事の所要時間: 611

どうも、最近はきららファンタジアで忙しくて久々にゲームを購入した@kuronamaです。

オクトパストラベラー

言わずと知れた、Nintendo Switchの期待作、スクエニ発のRPGだ。

体験版を3時間プレイしたあとに、更に4時間ほど製品版でプレイした時点での評価を書いてみる。

忘れなければ一通りクリアしたあとにも記事を書くつもり。

ちなみにストーリーのネタバレは無いが、記事の性質上ゲームの仕様については多少触れているのでそこは了承願いたい。

総合評価:80点/RPG評価:85点

とりあえず分かり易く点数を付けてみたが、今までこのような点数評価をしたことがほとんど無いので、「何の点数だよ!」と突っ込まれるとちょっと困る…。

まぁ総合的な満足度みたいな感じだろうか。

総合評価については概ね満足ではあるが、ゲームとして真に新しい体験をさせてくれたとかそういうところまでは行かず既存の枠組みの中では良く出来た方ということでこの点数。

RPG評価については、さすがスクエニといった感じであくまで序盤の時点ではあるが、大きな難点も無く、そこそこオリジナリティのある要素を交えたオーソドックスなRPG体験を提供してくれている。

しかもこれが携帯機としても楽しめるというのだから自然と点数も高くなる。

評価点

まず評価したいのがロマサガっぽいシステムを自由度を損なわずにより遊びやすくしたということ。
ゲーム雑誌等のインタビュー記事など一切読んでいないので的外れなことを書いているかもしれないが、このゲームはやはり同社の代表タイトルの一つであるロマサガシリーズに似た部分が多いと思う。

簡単に類似点を上げると、

  • 主人公を複数人から選択できる
  • 選択した主人公ごとに出発地点が異なり、他の主人公を仲間にできる
  • フリー(っぽい)シナリオ
  • メインシナリオ以外にサブシナリオが存在する

ロマサガシリーズは非常に魅力的なタイトルだが、その自由度ゆえに難点も存在する。

例えばどのキャラでもどんな武器でも装備できるが(シリーズによってはそうでも無いのもあるが)、キャラ毎に得意な武器などがある関係で素養の無い武器や属性魔法を育ててしまうと後々苦労したりというのがある。

その点本作ではキャラ毎に装備できる系統の武器が決まっているためそのような心配は無い。

またロマサガシリーズはフリーシナリオのためプレイヤーがどのように進行するかは自由ではあるが、戦闘の歯応えを保つためにキャラが強くなると同様に敵も強くなる。(強くなるというよりも戦闘回数依存?)

本作でもメニューから見られるシナリオ毎の推奨レベルを見る限り敵の強さは上がっているようだが、例えば各キャラのメインシナリオの1章を一つクリアするごとに未クリアのキャラの1章の難易度は上がるが、2章の難易度は上がらないという調整をしているようだ。

当然1章と2章の推奨レベルはかなりかけ離れており、1人目の1章の推奨レベルは5とかだが、2章になると20くらいに跳ね上がる。

その辺を見るとこの調整はなかなか考えられていると思う。

またフリー(っぽい)シナリオであるため決められた目的地以外に色々と寄り道ができるが、ありがたいシステムとしてマップが切り替わるとマップ名と一緒にそのマップの「危険度」がレベルで表示される。

実際に遊んでいて新しい街に行くのに近道を通ったら桁外れに強い敵が出てきて全滅させられたが、恐らくはこのマップの推奨レベルが非常に高かったのだろう(このときは見てなかったので不明)

ちょっと戻って迂回路を通ったところ通常の強さの敵が出てきてくれたが、ロマサガシリーズではこういった戦う前に分かり易い指標のようなものはあまり無かったように思う。

あと好みが分かれるかもしれないが、シンボルエンカウントが多いロマサガシリーズとは異なり本作はランダムエンカウントだ。

シンボルエンカウントはあれはあれで面白いのだが、どうしても軽いアクション性が出てしまうためアクションが苦手な人には辛いところがあるし、敵を避けようとして上手く避けられないとストレスも溜まる。

この辺もより万人向けに遊びやすくなっているように感じた。

他にはパラメータ上昇制ではなくレベルアップ制だったり、技習得システムの代わりにポイントを集めてアビリティを習得したりなど。

とここまで書いてるとやっぱロマサガとは完全に別物かも…?

実際に戦闘に関してはわりと別物で、ロマサガというよりはむしろ同社のブレイブリーデフォルトと、他者タイトルではあるがメガテンシリーズのプレスターンバトルを足して2で割った感じ。

敵ごとに設定された弱点(武器種ごとの属性と魔法系の属性)を付くとガードが削れていき全てのガードを削るとブレイク状態になる、ブレイク状態の敵は行動ができず被ダメが上昇する。

味方については行動する毎に?ブースト値が貯まっていき、ブースト値を使用することで複数回物理攻撃を行ったりアビリティの効果を強化することができる。ブーストの仕様で面白いのが攻撃をブーストしたときとアビリティをブーストしたときで効果が異なるところで、単純に強化されるアビリティと違い、通常攻撃はブーストした回数分の攻撃を行う。

敵をブレイクさせるには与ダメの値は関係無く、単純に弱点属性で何回攻撃を当てたかで判断されるため、敵をブレイクさせるにはブースト値を通常攻撃に振るのが早道だ。

ただキャラによっては弱点の物理属性を持たないこともあるので、そういったキャラは敵がブレイクするまでブーストを温存しておき、敵がブレイクしたらアビリティをブースト強化してぶっ放すなどといった使い分けができる。

またブレイクさせると敵の行動をキャンセルできることを利用して、敵が強力な攻撃の予兆を見せるまで敢えてブーストを温存して、時が来たら一気にブレイクさせるなど、単純なようで意外と奥の深い戦闘システムだ。

難点

前述したとおり大きな難点などは今のところ無いように思う。

ボスがかなり強めに調整されているので人によってはその辺の改善を望むのかもしれないけど、少なくとも序盤はシステムをしっかり理解して店売りの回復アイテムをちゃんと用意すれば楽勝とはいかないがちゃんと勝てるように調整されている。

個人的に感じた難点としては細かい部分になるが、敵の図鑑のようなものが欲しいと思った。

キャラの中に戦闘中に敵からアイテムを盗むことができるキャラがいるのだが、どの敵からどのアイテムを盗めるのかをゲーム内で閲覧出来ると嬉しかった。

まぁもしかしたらサポートアビリティで改善されるかもしれないが。

あとはまた細かいのだがブーストさせるときはRボタンを押すのだが、Rを押しっぱなしにしても1回しかブーストできないのでフルブーストさせる場合は何回かポチポチする必要があるのがちょっと面倒だ。

とはいえブースト値の最大は5で、フルブーストで4なので些細なことではあるのだが。

まとめ

とりあえず現時点ではかなり楽しめている。

ちなみに序盤のモチベーションとしては雑魚などの弱点属性でまだ自分が持っていない属性をよく見かけるわけだが、そのために未だ見ぬ他のキャラはどんな武器やアビリティ構成なんだろうというのが楽しみで仕方ないのだ。

ただこれも各キャラの1章をこなしているうちだけなので、2章以降はどのように楽しませてくれるのか気になるところだ。

あくまで序盤時点での感想だが、RPG好きなら迷わず購入しても良いと思う。